自然にスッキリ!薬に頼らず「便秘を解消させる」カンタン食事療法2つ

WooRis / 2014年10月10日 19時30分

写真

女性に多いとされている便秘。密かに悩んでいる人も多いと思います。便秘は長引くと、身体に深刻な影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は、東城百合子先生の大ベストセラー『家庭でできる自然療法(改訂版)』を参考に、誰でも簡単にできる“便秘解消法”を紹介します。

■玄米ご飯を食べる食事法

<玄米小豆御飯にすりごまをたっぷりかけて、ごぼうのきんぴらでたべるのが一番よい。はと麦や小麦胚芽、玄米胚芽もよい。小豆と板昆布を塩味で煮て毎日おわん一杯食べるのもよい。>

玄米と聞くと質素なメニューをイメージするかもしれませんが、意外とおいしそうなメニューです。これが便秘に効果てきめんだというので、ぜひ一度試してください。これ以外にも、キャベツと油揚げの炒め煮、たけのこの煮もの、大豆と昆布の炒め煮、なども良いそうです。

飲み物では、番茶、はと麦茶なども便秘解消に効果があるようですよ。

■ハブ草の実も効果あり

<ハブ草の実(決明子)を濃く煎じて飲むと、その翌日から毎日便通があるようになります。しかしガンコな便秘になるとこれ位では出ないので、ハブ草の実(決明子)を炒って乳鉢か小さなすり鉢で粉末にして、茶さじ一〜二杯を湯で飲みます。下痢もせず悪いくせもつかず、気持ちよく出るようになります。>

健康茶としても良く知られるハブ茶。その実を使った解消法です。市販もされており、ネットでも買うことができます。

この解消法だと、便秘だけでなく、肌も美しく健康によみがえると言います。

■宿便は万病のもと

<宿便とは細胞にこびりついているカスで、パイプのやにのようなものです。この宿便は下痢しても出て来ない。そしてこのため腐敗発酵して体中に毒素を回し、胃腸病だけでなく万病の基となります。>

この宿便が、多くの病の原因になることあるそうです。やはり便秘解消は非常に大切であることが分かります。

その他、適度な運動とともに実施すると、さらに便秘解消に高い効果を得られることができそうですね。

以上、誰でも簡単にできる“便秘解消法”をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

多くの女性が悩んでいる便秘ですが、放っておくと身体に深刻な悪影響をあたえてしまいます。ぜひ、早期に解決して、身も心もすっきりしましょう。

【関連記事】

※ 体調不良の原因はコレかも!夏バテならぬ「秋バテ」に警戒すべき理由

※ 便秘を悪化させるかも…食物繊維には種類があるって知ってた?

※ これで腸ブスを回避!美腸ナースに聞いた「便秘撃退の必殺技」3つ

※ ツラい便秘はコレで回避!毎日食べたい「お通じ改善食材」5つ

※ 薬に頼る前に!「ちょっとの工夫」で便秘を解消する5つの基本習慣

【姉妹サイト】

※ 働く美女子はランチでやせる!意外に簡単な「ランチダイエット術」5つ

※ 観るとおデブに!? アクション映画と食欲の恐ろしすぎる関係とは

【参考】

※ 東城百合子(1978)『家庭でできる自然療法(改訂版)』(あなたと健康社)

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング