食べるだけじゃもったいない!美人を手に入れる「ヨーグルト活用法」3つ

WooRis / 2014年11月18日 11時30分

写真

ダイエットや美容、健康のために、毎日ヨーグルトを食べている人も少なくないのでは? ヨーグルトの中には、胃がんの原因となる“ピロリ菌”を死滅させる効果が期待できるものもあり、病気の予防にもなります。

こんなに身近に、美容や身体にいい食べ物があるなら、ぜひ毎日の生活に取り入れたいものですよね。あなたのお悩みも、もしかしたらヨーグルトが解決してくれるかも!? 

そこで今回は、食べるだけじゃない、今注目すべき3つの“ヨーグルト活用法”をお伝えします。 

■1:ココナッツフレーク×ヨーグルト=美容フード

もしヨーグルトを食べるなら、普通に食べたんじゃもったいない! ヨーグルトにココナッツフレークをトッピングするのが今季のトレンドです。

ココナッツフレークとは、今セレブの間で人気急上昇のココナッツウォーターやココナッツオイルと同様に、ダイエット効果が期待できる食べ物。低GI食品なので“糖化”の防止にもなるすぐれものです。

この2つを一緒に食べることで、ヨーグルトに多く含まれるビタミンB群の新陳代謝を上げる効果をよりパワーアップさせてくれるでしょう。ヨーグルトを食べるなら“ココナッツフレーク”が、美人になる鍵です。

■2:醗酵製品×ヨーグルト=ピーリング

食べるだけじゃありません。ヨーグルトはピーリングにも使えるというのです!

バリに“ルールー”というピーリング方法があります。これはヨーグルト成分を使用している製品を使うことが多いのですが、それはヨーグルトに含まれる“フルーツ酸”が古い角質を綺麗にする成分だからなのだそう。

他にも、これからの季節は、醗酵製品の代表でもある“酒粕”のパックもオススメです。こちらは美白パックになるとこのこ。また、酒粕パックを応用した“温めた酒粕×ヨーグルト”で美白ピーリングをするのも良いでしょう。

コスパもよいので、これからの季節、美白を目指す人はぜひチェックしてみてください! 

■3:エッセンシャルオイル×ヨーグルト=頭皮ケア

ヨーグルトで頭皮ケア!? と思うかもしれません。ですが、ヨーグルトのピーリング効果や乳酸のもつ肌の潤いを保つ性質と、老化につながる酸化にアプローチする成分を有効に活用したスパが登場しているんです。

今季からこのヨーグルトスパを導入予定の渋谷のヘアサロン『nano』オーナーの村上純平さんに使用感を確認したところ、「頭皮の潤いとさっぱり感が非常によく、またナチュラルな成分を使用しているのも非常にいい。頭皮のにおいの改善も見込める」とのことです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング