これで「夕方ブス顔」を回避!加齢によるくすみを解消する美肌マッサージ

WooRis / 2014年11月16日 9時0分

写真

夕方になると、顔全体が乾燥して化粧もボロボロ、肌のくすみも目立ち、一気にブス顔に……なんてことになっていませんか? そんな顔では、オフィス男子はもちろん、彼や旦那様もドン引きですよね。

でもなぜ、夕方になると肌のくすみが目立つのでしょうか? なんとか回避できないものでしょうか?

実は、夕方でも明るい肌が保てるようになるには、あることを1週間続ければよいのです! 今回は、ハーブやリンパセラピストである筆者が、夕方の“肌のくすみ”の原因と、くすみ解消に効果的な美肌マッサージをご紹介します。

■夕方に肌がくすむ原因とは?

朝はローションやクリームで保湿ばっちりの肌状態だったとしても、仕事で冷暖房がきいた室内にずっといたり、外回りで室外の温度差や紫外線やほこりといった外的ストレスにさらされたりすることで、肌のキメがどんどん荒れてきます。

同時に、肌内部から水分が蒸発してしまい、乾燥して皮脂が過剰に分泌されてくると、肌の明るさやハリ、弾力が失われて、ファンデーションのよれやほうれい線、肌のくすみが目立つようになり、たちまちブス顔(疲れ顔)になってしまうのです。

こうした肌のくすみは、肌表面の問題かと思いがちですが、実は毛細血管にも原因があります。歳を重ねると毛細血管の数が減って、血流が悪くなります。そうなると肌がくすんで見えてしまうのです。

さらに、血流が悪くなると、肌の栄養である酸素や栄養素がすみずみまで届かなくなるので、肌の新陳代謝が低下します。

ではどのように対策したらよいのでしょうか?

■肌の新陳代謝をアップするマッサージがおすすめ

加齢による肌のくすみやエイジングには、肌の新陳代謝を高めてくれるマッサージがおすすめです。

専用のオイルやクリームを使って、あごから耳の下、口角から耳の横、頬からこめかみに向かってやさしくマッサージをしましょう。鼻の横をくるくるしたら鼻筋を通って眉頭をプッシュ。目元を通っておでこをくるくる。フェイスラインを引き上げて顔全体を両手のひらでやさしく押さえます。

時間がないときは、3〜5分でよいので、顔全体を指の腹部分を使ってくるくるマッサージするだけでも肌の違いが実感できます。ぜひ、試してみてください。

■肌の毛細血管が増える嬉しいメリット

毛細血管の血流が良くなると、肌の細胞に栄養素が行き渡ります。

そして、肌のハリや弾力・水分保持に必要なコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などが毛細血管によって存分に運ばれるので、肌のくすみやハリ、弾力が復活して明るい透明感のある肌がよみがえるのです。

以上、肌がくすむ原因とくすみ解消に効果的な美肌マッサージをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 

とくに30代後半からは、毛細血管のケアを意識するようにしましょうね。まずは1週間、試してみてください!

【関連記事】

※ ヤバッ…お酒もダメ!? 気付いたら「顔のシワが増えてる」NG生活習慣4つ

※ やっちまっても大丈夫!二日酔いを乗り切る「秘密のビューティーテク」

※ それじゃ「ブス魔女」まっしぐら!? 老化を加速する意外なNG生活習慣7つ

※ 日本人女性の14人に1人がかかる!「乳がんのリスク」を減らすちょっとした習慣

※ 知っていれば慌てない!「目の下のクマ」を3分で解消する裏技3つ

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ 飲むヨーグルトはスティック13本分!知ると怖い飲み物の砂糖量

WooRis

トピックスRSS

ランキング