当てはまったらすぐ直して!職場で「悪印象まちがいなし」のダメ癖4つ

WooRis / 2014年10月30日 10時0分

写真

職場で無意識のうちにしている表情や声色が、周囲にどういう影響を与えているか、考えたことはありますか? 

場合によっては、マイナスな印象を周囲に与えていることも! 知らない間に良くない印象を与えてしまい、結果としてあなた自身の評価も下がってしまっているなんて、大きな損失ですよね。

そこで今回は、社会保険労務士・コミュニケーショントレーナーの安紗弥香さんに、職場ですると悪印象まちがいなしのNGなダメ癖についてお話をうかがってきました。

■1:眉間、口元などの表情

「職場で一番気をつけたいものといえば“表情”です。たとえば、眉間にシワが寄っている、口角が下がりへの字型の口元になっているなどです。これらの表情は“人を寄せ付けない印象”を与えてしまいます。

また、周囲に“何かつまらないことがあるのかなぁ”と思われてしまい、良い印象を与えないので注意したい点ですね」

もしかしたら口角が下がっているかも……という方は、意識的に口角を上げて笑顔の表情を作ってみましょう。そうすることで、気分も上がってきますよ。

■2:暗~い声

「次に“声”です。声は表情と連動していますが、暗くどよーんとし、声のトーンが低いと、聞いている側のモチベーションが下がってきてしまいます。“自分の話す声”がどういう印象を与えているか、客観的に知ることは大切ですね」

安さんによると、1トーンくらい上げる気持ちで話すようにすると良いそうです。

■3:「はぁ~」っとため息をつく

「ため息をつきたくなる時ってありますよね。しかし、職場で無意識のうちに何度も“はぁ~”っと、ため息をついているようだと要注意です。隣や近くで聞いている人は良い気持ちがしないものです」

やはり周囲に与える印象を考えると、“ため息”は気をつけたいものですね。ため息のかわりに、息を深く吐いたり、吸ったりしてみましょう。

■4:ピリピリした空気感とマイナスの言葉

「意識的ではないにしろ、“ピリピリした空気感”も気をつけたい点です。こういった空気感が出てしまうのは内面の状態が良くないケースがほとんどでしょう。

そういう時には、“でも”“だって”“だから”などのマイナスの言葉が出てきやすいもの。そうすると、最後まで話を聞かない印象を与えてしまい、ご自身が損をしてしまうので注意をしましょう」

ピリピリした空気感の人には話しかけづらいものなので、自分自身はしないように気をつけましょう。また、相手に話しかけられた時に、受け止める言葉には意識をしていきたいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング