子育てにも一役買う!カワイイだけじゃない「イヌを飼うメリット」5つ

WooRis / 2014年11月6日 18時0分

写真

あなたのお家に、ペットはいますか? 仕事で疲れきって帰ってきた時に、玄関で「おかえり、おかえり〜、待っていたんだよん!」と愛情いっぱいでペットが迎えてくれると、疲れも吹き飛びますよね。

イヌと一緒にいると癒されますよね。そのほかにも、ガンやてんかんの患者さんを嗅ぎ分けたり、発作を知らせてくれたりもすることが分かっています。でも、イヌの素晴らしさはそれだけにとどまりません! 

そこで今回は、英語圏の情報サイト『SHAPE』を参考に、“イヌが子どもにもたらすメリット”をお伝えしますね。

■アトピーになる確率が低くなる

アメリカ・シンシナティ大学医学部の調査によると、アレルギーを持つ子どもが、生まれた時からイヌと一緒に育つと、アトピー性皮膚炎などの症状が出る確率がとても低くなるという結果が出ているんですよ。イヌと一緒に育つことにより、耐性が身につくからでは……と言われています。

■読解力の優れた子どもになる

アメリカ・カリフォルニア大学の調査によると、小さい時にイヌに向かって本を読んであげる子どもは、そうでない子どもよりも数段に読解力に優れていることがわかってきました。

実際にニューヨークでは、自閉症など障害を持つ子どもたちに読書に親しんでもらおうというプログラムがあり、トレーニングを受けたイヌが大活躍しているのですよ。

■他の人に共感できる子どもになる

アメリカの児童心理学者のロバート・ビエレー氏は、イヌを飼う子どもは、そうでない子どもに比べて、他人の感情に共感でき、自分に自信を持っている、と言っています。やはり、生き物を飼うことにより、思いやりや自負心が育つのでしょうね。

■運動量が多くなる

アメリカ・バージニア大学の調査では、イヌを飼う家族は、そうでない家族に比べて、かなり運動量が多いという結果が出ています。イヌがいれば、休日に公園へ行ったり、ハイキングへ行ったりすることも多くなりますよね? 

ちなみに、イヌを飼う人の方が、そうでない人に比べて歩く量が多く、しかもスピードが速いということですよ。

■社会性が身に付く

アメリカ・中央ミシガン大学の調査では、イヌは社会生活を送る生き物なので、飼い主にもいい影響を与えるという結果がでています。また、イヌのお散歩では他のイヌの飼い主などと話をすることが多いですよね。こういった出来事は、社会性を身につけるのに最適だそうですよ。

いかがでしたか? 以上がイヌを飼うことのスゴ〜いメリット、でした。もちろんこの他にも、イヌは血圧を下げてくれる、癒してくれるなど、いろいろと私たちの役に立ってくれます。子どもにとっても、小さい時から動物に接していれば、情緒の安定した優しい子どもに育ってくれるようです。 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング