ゲゲッ!口に触れるアノ部分が「トイレより10倍もバイ菌まみれ」と判明

WooRis / 2014年11月2日 11時30分

写真

美意識の高い女性ほど日々の生活の衛生面にも高い意識を持っていらっしゃることと思いますが、みなさんはご自分のカラダの“ある部分”が、トイレの便座より5倍も10倍もバイ菌まみれだという事実をご存じでしたでしょうか……。

そんな恐ろしいことが判明したカラダの部分とはなんと、私たちが毎日使っている手のひらや指先だというのです!

アルコール消毒液を販売する健栄製薬が行った、汚れに関する衛生検査の調査結果をもとに、早速その内容をご紹介していきましょう。

■手のひらはトイレの5倍も汚い!?

“ATPふき取り検査”といわれる、微生物や食物の細胞に存在するATPを計測する検査によれば、なんと調査結果の平均数値として、手のひらは一般的なトイレの便座の汚れに比べて5倍以上の数値が測定されたとのこと!

ちなみにトイレの便座の測定値は179RLUという数値で、エレベーターのボタンは123RLU、不特定多数の人が触る階段の手すりは485RLUという測定値ですから、手のひらは階段の手すりよりも汚れが潜んでいるという衝撃の事実が判明しています。

■爪の長い人からはさらなる量の汚れが!

次に爪の間、つまり指先についての測定値を見てみると、こちらはなんとトイレの便座の10倍以上もの汚れが潜んでいると判明したのです!

指先の汚れに関しては爪の長さも影響していて、2mmを基準にそれぞれを計測したところ、爪の長い人は短い人に対して、約1.9倍もの汚れが潜むことも判明しています。

以上、衝撃の調査結果についてお伝えしましたが、みなさんは自分の“手”の衛生についてどのくらい意識をしていますか。

手は食事やメイクのときに頻繁に使う部分ですから、ここに多くのバイ菌が付着していると感染症や病気、肌荒れの原因にもなりかねません。同発表によれば手を清潔に保つためには、アルコール消毒液による手指消毒と、爪の長さを6.35mm未満にすることが推奨されているようです。

手のひらや指先が見た目には汚れていないようでも、美容や健康のために常に清潔を保てるように積極的に意識したほうがよいといえるのではないでしょうか。

【関連記事】

※ うっかり食べ過ぎてない?タバコや睡眠不足よりも「お肌に悪い食品」5つ

※ えっコレが違法なの!? 「知らずに犯罪者になっちゃう」ヤバい日常行動5つ

※ これなら時間に追われない!「朝のバタバタ」を回避するたった1つのテク

※ 周囲のテンション下げちゃうかも?旅行先で「ドン引きされる」NG行動4つ

※ マジ!? 体にいいと思いきや「実は悪影響たっぷりの」ヤバイ生活習慣5つ

【姉妹サイト】

※ 職場での「ガス爆発」を未然に防止!お腹の調子を整えてくれる食品4つ

※ スペインでは殺処分…「エボラ出血熱」はペットにも感染するの?

【参考】

※ あなたの指先、ホントにキレイ? 指先ケアの意外な“落とし穴” 『指先(爪の間)』には、『トイレの便座』の10倍以上の汚れが潜むことが判明! – 健栄製薬株式会社

WooRis

トピックスRSS

ランキング