お肌の保湿だけじゃ不十分!秋冬こそ絶対やるべき「頭皮ケア」のコツ

WooRis / 2014年11月10日 7時30分

写真

乾燥が気になるこれからの時期、「夏よりも、お肌の保湿を念入りにしてる!」という方も多いでしょう。お肌の乾燥は小じわや肌荒れの原因になりますので、これからの時期はじゅうぶんな保湿が大切です。

でも、お肌の保湿ばかりに気をとられて、大切な“ある部分”の保湿が手抜きになってはいませんか? 秋冬に手を抜いてはいけない部分ケアとは、……じつは頭皮のケアなんです。

そこで今回は、花王株式会社が発表したプレスリリースを参考に、美容研究家である筆者が“秋冬にこそ手を抜いてはいけない部分スキンケア”の必要性についてご紹介していきます。

■乾燥する秋冬にこそ頭皮ケアが大事

頭皮のトラブルは汗ばむ夏に多いという印象があるかもしれませんが、秋冬は乾燥によってフケや紅斑(毛細血管拡張などが原因となって皮膚が赤くなる状態)や、吹き出物といった症状の発生率が高まります。

実はこのような頭皮トラブルが起きる原因は、季節の変化による頭皮の“水分量”と“皮脂量”の変化にあるそうです。

気温の下がる秋冬は、分泌された皮脂が毛髪に移行する量が減るため、より多くの皮脂が頭皮に残りやすい状態になってしまうとか。そして、そんな頭皮に残った皮脂を放置すると、紅斑などのトラブルを引き起こしやすくなるそうなんです!

さらに、湿度が低下して乾燥状態になると、頭皮からの水分の蒸散量が増加し、頭皮の水分量が低下してフケの発生へとつながるのです。

■頭皮ケアは洗浄と保湿がキモ

このような症状の発生を抑えるためには、お肌だけでなく、頭皮の保湿ケアも重要になってきます。

頭皮の皮脂腺の数は額の約2倍といわれています。紅斑などのトラブルを防ぐためには、しっかりと頭皮の地肌を洗浄することが重要になってきます。

そして乾燥によるフケの発生を防ぐためには、適度なうるおいを補給するとともに、地肌の生まれ変わりのリズムを整えることが大事です。頭皮も肌ですから、潤いが失われると細胞のターンオーバーが乱れますし、髪の毛の水分まで奪ってしまうんですね。

頭皮専用のローションを使ったり、オーガニックのヘアオイルを活用したりして、頭皮の潤いケアもお肌同様に気をつけてみてください。

以上、お肌の保湿よりも意識が低下しがちな“頭皮ケア”の重要性についてお伝えしましたが、いかがでしたか? 

乾燥する秋冬には、お肌だけでなく頭皮もしっかりとケアして、健康な美髪をキープしてくださいね!

【関連記事】

※ 摂りすぎ注意!「大豆イソフラボン」による意外な健康リスクが判明

※ 5分で完成!パーティー前に変身できる「定番ヘアアクセ」活用テク3つ

※ マジ!? 体にいいと思いきや「実は悪影響たっぷりの」ヤバイ生活習慣5つ

※ お家で簡単!20代の「うるるん唇」を取り戻す5つのアイテム

※ 見た目年齢が5歳アップ!? 老け顔を招く「残念な眉」のNG特徴3つ

【姉妹サイト】

※ 化粧ポーチに全部入る!働き女子の乾燥を防ぐ4つの必携アイテムとは

※ 綾瀬はるか級の透明感に!誰でも色白美人になれるマル秘テク3つ

【参考】

※ 意外にも秋冬に多い頭皮トラブル - 花王株式会社

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング