お金も時間もかけずにキレイに!今スグできる「節約時短美容」のコツ4つ

WooRis / 2014年11月22日 11時30分

写真

毎日の美容に、みなさんはどのくらいのお金を費やしていますか?

フリーペーパーを発行している『ぱど』の調査によると、主婦の50%以上の人が月に2,000円未満と回答しています。

スキンケアにメイクアイテムに……と美容アイテムには限りがありませんが、節約と時短を兼ねた美容法を覚えておけば、毎月の出費を抑えながら、手軽に美容効果を高めていけますよね。

そこで今回の記事では、同調査を参考にしながら、時短&節約効果の高い主婦に人気の美容方法とその注意点について、時短美容研究家である筆者がお伝えします。

■1:フェイスパックを無駄なく使う

最近は1枚100円で買えちゃうものもあるフェイスパックですが、余った美容液で全身保湿をするなど、1枚のパックを無駄なく使うことを意識している主婦が多いことがわかりました。

余った美容液だけだと全身に使うのは難しいですが、むくみの気になる脚、たるみの気になる二の腕など、その日によって重点ポイントを決め、マッサージをしながら美容液をなじませると効果が高まりますよ。

■2:ティッシュでフェイスパック

数年前から節約美容として注目されているコットンの代わりにティッシュを使うフェイスパック。手でパッティングするよりも化粧水が浸透する感覚が人気ですよね。

ただし、気をつけてほしいのが放置時間。コットンや専用のフェイスパックに比べて、乾燥するのが早いので、長時間放置するとかえってお肌の水分を奪うことにつながります。

ティッシュパックをする際は短時間にとどめ、さらにその後の保湿も忘れずに行ってくださいね。

■3:高価な化粧水より安価な化粧水をザブザブ使う

市販の化粧水の値段は高価なものから安価なものまで様々ですが、節約を意識してせっかくの高価な化粧水をチビチビと使うよりは、安価な化粧水を惜しみなく使うほうが美容効果は高まります。

とくに秋冬シーズンは乾燥が気になりますので、ミストもマストアイテム。保湿を重視するケアを意識することで、お肌のくすみやシワも防いでくれます。

■4:ハンドクリームの上から手袋

同調査では、ハンドクリームを多めに塗った上にビニール手袋をして家事をする美容法を実践している人も多いという結果が出ています。

洗い物などの家事では手荒れが気になりますので手袋はマストですが、注意していただきたいのは交換頻度です。

クリームを塗った上からゴムやビミールの手袋をすれば、当然湿度が上がり、細菌が繁殖しやすくなっていますので、同じ手袋を長期に渡って使い続けないように、気をつけてくださいね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング