こりゃヤバすぎ!朝食を抜くと「最悪な1日が訪れる」5つの理由とは

WooRis / 2014年12月5日 7時30分

写真

あなたは普段、朝食を食べていますか? 20代のひとり暮らし世帯では、朝食を抜くことが多いようです。また、最近では、朝食を抜く子どもが増えていることも問題になりつつあります。朝食を抜くことは、大人にも子どもにも悪影響があるようです。

そこで今回は、海外のビジネスサイト『Inc.』などの記事を参考に、“朝食を抜くと最悪な1日になる理由5つ”を紹介します。普段、朝食を抜いている人は、人生において大きな損をしている可能性があります。さっそくチェックしてください。

■1:心臓病や肥満のリスクが高まる

朝食を抜くと、例えば心臓病のリスクが高まったり、肥満になる確率が上がったりする、というハーバード大学の調査結果があります。

たった1日朝食を抜いたからといって、直ちに心臓病になったり、肥満になったりするわけではありません。しかし、忙しいからといって、毎日、朝食を抜いていると、気づいたときには手遅れ、なんてこともあり得ます。

気分のいい1日を迎えるためだけでなく、病気の予防のためにも朝食は必要なのですね。

■2:記憶力が悪くなる

若者の健康に関する専門誌の調査によると、朝食と記憶力には相関関係があることがわかりました。朝食を食べると、記憶力が向上し、その効果は子どもも大人も同じだということです。朝食をとらない手はないでしょう。

■3:元気が出ない

食物の栄養を科学的に調査する機関によると、朝食をとらないと、1日を過ごすためのエネルギーが得られずその日1日元気が出ないままになってしまう危険があるとのことです。

もしあなたが、「最近どうも調子が悪いな」と感じていたなら、それは朝食をとっていないことが原因かもしれません。

■4:栄養を適切に吸収できない

確かに忙しいと、毎食バランスのとれた食事をとることは難しいでしょう。しかし栄養研究実験機関のレポートによると、朝食をとると、必要な栄養を適切に消化できるようになる、というのです。

吸収した栄養を効率よく、しかも適切に消化できると、パワーも効率よく出せるようになります。朝食には、こうした効果もあるのですね。

■5:集中できない

正しく栄養が吸収されず、記憶力が下がる、となれば、集中できなくても不思議ではありません。そのせいで、仕事の効率が下がったり、楽しく過ごすことができなかったりと、1日を過ごす上で、多くの弊害が出てくるのではないでしょうか。

インド小児科学会の調査からも、朝食をとらないと中学生の集中力が落ちる、という結果が出ています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング