美容専門医が伝授!「すっぴん美人への近道」はたった5分の朝洗顔にあると判明

WooRis / 2014年11月25日 19時0分

写真

寒くなってきましたね。朝起きて、ベッドから出るのが億劫……洗顔もテキトーに済ませちゃっている、という人もいるのではないでしょうか? 歳を重ねれば肌老化は避けられないですが、そのスピードが増す原因は、もしかしたら自分で作ってしまっているかも!

今回は、“すっぴん美人”の実態の調査データをもとに、美肌の専門家である美容クリニックの銀座ケイスキンクリニック院長慶田先生に“すっぴん美人”のコツを伺いました。

■9割以上の女性が“すっぴん”がキレイと言われたい?

オリコンのリサーチによると、メイクが上手いと思われるよりも「すっぴんが綺麗そう」と言われたい人が9割を超えているとのこと。

つまり、すっぴんがキレイということが女性の絶対的価値であるということ! この結果を見ると、あれこれとメイクに時間をかけるよりもすっぴんをキレイに保つことに時間をかけた方がいいということになります。

では、すっぴんをキレイに保つためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

■肌が一番不得手とするのは○○!

肌は刺激によって老化の一途をたどります。そして、歳を重ねれば肌への刺激も増えてくるもの。洗顔やメイクも肌へ刺激となりますが、毎日の睡眠で使っている枕、何気なく普段している“ほおづえ”さえも肌への刺激となるんですよ。

できるだけ刺激を避け、色むらや赤み、シミがないファンデーションを塗っても均一になる、そんなすっぴん美人になって、ナチュラルメイクに自信を持ちたいものですね。

■すっぴん美人が毎朝していることとは?

オリコンのデータによると、「すっぴんに自信がある」と答えた人に日々の生活習慣の基本となる朝行っている習慣を聞いた結果、1位が“洗顔料を使用した洗顔”、2位が“朝食を作る”、3位が“早起き”であるとのこと。朝の時間を有効に過ごすことが、すっぴん美人になるためのポイントであることがわかりますよね。

そこで今回は、1位の朝の“洗顔料洗顔”に着目して、美肌の専門家である慶田先生にインタビューしました。

■美肌の専門家が考える朝洗顔の方法とは?

洗顔料を使用した洗顔での刺激を、極力抑えるにはどうしたらよいのでしょうか。

慶田先生に基本的な方法について伺ったところ、「まず洗顔料をしっかり泡立てること。そして、その泡で包むように顔を洗うようにします。洗った後はクリームで保湿をして、皮膚を守るようにします」とのこと。

この一連の流れが“スキンケアの基本”になるといいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング