これはイタすぎ!結婚後に「友達が激減する女性」3つのNG会話パターン

WooRis / 2014年12月4日 11時30分

写真

「あの子、結婚してから変わったよね~」もし、こんな風に陰口を言われていたら……! すごくショックですし、なによりも、とても悲しい気持ちになりますよね。

でも自分ではまったく悪気がなくても、周囲の人に対しデリカシーのない発言をしてしまっている女性もいるようなんです。悪意がなくても言われた相手は深く傷つき、「もうあんな子、友達じゃない!」と思ってしまっているかもしれません。

そこで今回は、『gooランキング』の調査結果を参照しながら、既婚女性が独身女性に対してつい口にしてしまうNG話題を3つお届けします。

■1:結婚を促す

よかれと思って「早く結婚したほうがいいんじゃない?」とアドバイスしてしまったり、自分の子どもが可愛いあまりに「結婚して早く子ども作りなよ~」などと無意識に勧めたりしていたら、相手からイラッとされている危険アリです。

自分だって独身のときは、結婚について他人にとやかく言われるのはイヤだったはず。言われた相手は「なによ、エラそうに!」と、あなたにそんな気がなくても“上から目線発言”と捉えてしまうリスクも伴うので要注意です。

■2:年齢を引き合いに出して助言する

友人を心配して「いい歳なんだから、もっと焦ったほうがいいんじゃない?」なんて、アドバイスをしていませんか?

年齢を理由に、独身生活を謳歌中のアラサー超えの友人に恋人を作るように勧めるのはNGです。また、転職や家の建築など人生の決断場面について、年齢を出して助言してしまうとイラッとされる危険性が高いので、気をつけましょう。

本人のためによかれと思っても、言われたほうは不愉快になっているかもしれません。

■3:家族の話ばかり

「旦那がね、旦那がね~」、「子どもがね、子どもがね~」という具合に、何かにつけて家族のことばかり話してはいないでしょうか。

自分にとってどんなに楽しい話題であっても、聞いているほうはウンザリ……という危険があるNG話題です。

とくに専業主婦をしている場合、家族のことしか話題が見当たらない女性もいるかもしれませんが、度が過ぎると“つまらない人”のレッテルを貼られてしまうリスクも。

以上、既婚女性が悪気がなくても、つい話してしまいがちなNG話題を3つお伝えしましたが、心当たりがあった人は気をつけてくださいね。

結婚して幸せな生活を送っているのはとても素敵なことですが、同じ女性として妬まれたり嫌がられたりする話題は極力避けるのが、賢い女性といえるでしょう。

もし今回お伝えしたような話題を、悪気がなくてもしてしまっていた場合には、ぜひ気をつけるように意識してみてくださいね。

【関連記事】

※ ウチでやるのは勘弁して!「ホムパ開催」リクエストの上手な断り方3つ

※ 30歳こえたら注意!痛々しいって思われる「若づくりしすぎ」女性の特徴3つ

※ いるいる!「トラブルの火の粉を飛ばしてくる」ヤバい女性の特徴4つ

※ 小さなことにもイライラする…それ「心が疲れてる」サインかも!

※ たった一言でズタズタ!? 男性のプライドを傷付けないための心得3つ

【姉妹サイト】

※ 自覚してない人が多すぎ!「職場で嫌われる女性」のNGパターン3つ

※ え…トム・クルーズも!世界で活躍する「発達障害」を持ったセレブたち

【参考】

※ 結婚した女友達の「イラッ」とするセリフランキング – gooランキング

WooRis

トピックスRSS

ランキング