えっそんなものが!? 探偵が教える「彼の浮気の原因になる」NG料理3つ

WooRis / 2014年12月5日 21時0分

写真

同居をしているカップルや、夫婦であれば、一緒に食事を取ることは日常的でしょう。しかし、当たり前だと思っていたその食事が原因で、彼に浮気をされてしまうかもしれないのです。

実は、探偵である筆者(総合探偵社スプラッシュ 代表:今野裕幸)の元へ訪れたクライアントさんのお話には、いくつかの傾向があることが分かりました。

そこで今回は、彼に浮気をさせてしまう、そんな食事にまつわるNGケースを、筆者の著書『浮気がバレる男、バレない女』よりご紹介します。

■1:スーパーのお総菜が並ぶ食卓

いくら、料理が苦手だといっても、総菜などできあいのものばかりでは愛情を感じられません。テーブルに並ぶ華やかさよりも、不器用でも愛情のこもった食事を取りたい彼は、寂しさを感じてしまいます。

そして、いつしか彼は料理が得意で美味しい食事を作ってくれる彼女を見つけてしまうでしょう。そうなる前に、彼の大好物だけはいつでも上手に作れるようになっておきたいですね。

■2:子ども優先の食事

子育て期間中のママは、お子さんに沢山食べて欲しいと切に願っています。特に栄養や温度、味付けにこだわる方も多いのではないでしょうか。しかしその結果、帰宅時間の遅いご主人には、冷えてしまった夕食の残りだけがポツンとキッチンに、という事態になっていませんか? 

冷めてしまった食事は温めればよい話ですが、お子さんの口に過剰にあわせた食事では、ご主人の愛情も一瞬で冷めてしまうかもしれません。そして、家族に興味がなくなってしまったご主人は、他の女性と一緒に温かい食事をとってしまうようになるでしょう。

そうなる前に、「これだけはあなたのために作ったのよ」とアピールできるひと品で補っておきましょう。そして、帰りの遅いご主人を待てずに、お子さんと一緒に寝てしまうときは、置き手紙があればバッチリ! 愛情は必ず伝わることでしょう。

■3:私が食べたい物のオンパレード

どんなに仲の良い恋人同士でも、長く共にしてきた夫婦でも、食事の好みは異なります。魚が苦手な人、肉が大好きな人、オーガニックにこだわる人、様々です。

付き合い始めて間もない頃は、お互いに気に入られようと、相手にあわせていましたが、いつの日か、自分主体になってしまう人も少なくありません。

特に料理をする側は、日常生活の忙しさや、経済的な理由、ダイエット、そして自分が好む食品などから献立が決まり、食卓に並ぶケースがあります。もしも、彼が好んでいない食事が続いたら……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング