コンタクトつけたままのお風呂はダメ!「目を危険にさらすNG習慣」4つ

WooRis / 2014年12月10日 7時30分

写真

冬になると、街には感染症予防のためにマスクをした人が増えますよね? でも、日本では冬にサングラスをかけている人をあまり見かけません。実は海外では、冬でもサングラスをしている人をかなり見かけます。なぜでしょうか?

西洋人で目の色素の薄い人は、私たちよりも光に敏感で、サングラスをしないと、まぶしくて見えにくいということもあります。でもそれよりも大きな理由として、目の健康をを守るためという方が多いんですよ。

そこで今回は、知っておかないと危険な“目のためにNGな習慣”について、英語圏の情報サイト『SHAPE』を参考にしてお伝えしますね。

■1:冬でもサングラスで目を守って

現代では、地球のオゾン層が破壊されているために、昔よりも多くの紫外線が地球上に届いています。アメリカ・フィラデルフィアの目の病院の医師であるラプアノ氏は、冬でもUVA&UVBをカットするサングラスをかけることが、目の健康には大切だといっています。

紫外線は、メラノーマや瞼上のガン、黄斑変性などの原因になるというので、ご注意くださいね。

■2:充血を取り除く目薬はNG

充血を取り除く目薬は、一時的に目の表面の血管を収縮させるだけなので、問題解決にはなりません。それどころか、毎日使っていると目がそれに慣れてしまい、ひどい場合には中毒のようになってしまうそうですよ。

また、こういった目薬を使うことで、結膜炎などの発見が遅れて、悪化してしまうこともあるそうです。

■3:シャワーやお風呂でのコンタクトレンズ使用はNG

恐ろしいことに、すべての“水”には、目の角膜を食べてしまう“アカントアメーバ”がいる可能性があるそうです。ですからシャワーやお風呂、水泳などの時には必ずレンズを外してください!

もし外し忘れてしまったら、水から上がったらすぐに消毒するか、使い捨てのものならば、捨てて新しいものをお使いください。また、コンタクトレンズを水道水で洗うのもNGです。

■4:コンタクトレンズを入れっぱなしで眠るのはNG

夜寝る前は必ずコンタクトレンズを外してください。つけたままで眠る人は、外した人よりも目の感染症にかかる可能性が5〜10倍も高いそうですよ。

また、コンタクトレンズの使用期限は必ず守ってくださいね。前項でご紹介した、アカントアメーバが繁殖して、失明する可能性があります。

そして、3ヶ月に1度は、ケースを新しいものに変えて、バクテリアの繁殖を防ぎましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング