雑菌だらけ!赤ちゃんのお風呂デビュー前に「絶対掃除すべき場所」とは

WooRis / 2014年12月8日 18時0分

写真

赤ちゃんの沐浴の時期が終わり、いよいよ一緒にお風呂に入れるとなれば、衛生面を考えてしっかりとお風呂場を掃除する親御さんも少なくないと思います。

ただ、追い炊き機能があるお風呂では浴槽や洗面具の掃除だけでは不十分で、追い炊き配管の掃除もしっかり行った方がよいことを、ご存じですか?

そこで今回は、ジョンソン株式会社が、沐浴後の0歳から3歳児までのママ402人を対象に行った意識調査を基に、追い炊き配管の掃除の重要性をまとめます。

■追い炊き配管に潜む雑菌の量

沐浴の時期が終わり、初めて赤ちゃんをお風呂に入れるとなれば、バスルームを徹底的に掃除してあげたいですよね? 

しかし、同調査によると、「沐浴期間が終わって子供と一緒にお風呂に入る際に、徹底的にお風呂の隅々まで掃除・除菌をしましたか?」という問いに「はい」と答えた人は、38%しかいませんでした。

それほどデリケートになる必要はないという意見もあるようですが、衛生微生物研究センターが15世帯(全て子持ちの家族)のお風呂場にある追い炊き配管を調べたところ、半数以上の家庭で1万から100万(100ミリリットル中)の雑菌が検出されました。

自動洗浄付き、銅管ではなくステンレス製の配管など、最近は比較的汚れがたまりにくいタイプの追い炊き機能も出ているそうですが、せめて初めて赤ちゃんと一緒にお風呂に入る前くらいは、バスルーム全体の掃除にプラスして追い炊き配管の中もきれいにしておきたいですよね。

■追い炊き配管の掃除方法とは

では、追い炊き配管の中はどうやって掃除すればいいのでしょうか? まずは、自宅の追い炊き機能がどういったタイプなのかを知り、型式に合った風呂釜配管洗浄剤を利用する必要があるといいます。

お風呂場に行き、浴槽に穴は1つか2つか、 穴が2つの場合はお湯の温度を一定に保つ保温機能があるかないか、という点をチェックしてみてください。穴が1つの場合は“強制循環式”で、長い配管の内側が汚れているといいます。穴が2つで保温機能がある場合は“ポンプ付自然循環式”、ない場合は“自然循環式”になるといいます。

自宅の追い炊き機能の仕組みを理解したら、今度はそれぞれのタイプに合った風呂釜配管洗浄剤をドラッグストアやホームセンターなどで探して、赤ちゃんの初入浴の前に使用してみてください。

以上、追い炊き配管の中には雑菌が繁殖しているという話をしましたが、いかがでしたでしょうか? 浴槽や洗面具などの掃除だけでなく、追い炊き機能がある場合は配管の中まで洗った方が安心です。

自宅のお風呂に合う風呂釜配管洗浄剤が分からない場合は、ホームセンターなどでお店の人に相談をしながら、適切な商品を選んでみてくださいね。

【関連記事】

※ 息するごとに体がサビる!? 知られざる「老化の原因と対処法」

※ 全身カサカサ!キレイな人は絶対にやらない「お風呂のNG習慣」

※ お風呂に入るだけで美肌&デトックス!「エプソムソルト入浴」のスゴい効果

※ 年間で数万円の節約に!見落としがちな「お風呂の節約テクニック」3つ

※ お風呂や片付けが苦手な子どもを劇的改善させる画期的方法とは?

【姉妹サイト】

※ 働くママ必見!限られた時間で「子供の多様な才能を伸ばせる」習い事とは

※ 育毛剤がなくてもOK!急増中の「女性の薄毛」簡単レスキュー法

【参考】

※ 11月26日は「いい風呂の日」!「スクラビングバブル ジャバ」家族とお風呂レポート – ジョンソン株式会社

WooRis

トピックスRSS

ランキング