あわやスッカラカン!「年末年始の飲み会」をコスパよく乗り切る方法5つ

WooRis / 2014年12月8日 19時30分

写真

さて早いもので、もう師走。1年の締めくくりになりました。今年はどんな年だったでしょうか。そんな振り返りの場が、年末、そして年始にかけて多くなるのではないでしょうか。

年末年始は、毎年金銭的に乗り切るのが大変! という方も多いと思います。

そこで今回は、海外のライフスタイル紹介サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“お金をかけずに年末年始の飲み会を効率良く乗り切る方法”を5つご紹介します。さっそく実行してみてくださいね!

■1:パーティーや宴会は“小さめ・少なめ・安め”を意識する

これからしばらく続くパーティーや宴会。1回1回の規模が大きくなってしまうと、続けて参加することが厳しくなってきますよね。年末年始のパーティーや宴会は、つい規模を大きくしてしまう傾向がありますが、くれぐれもご注意を。

規模は小さめ、飲む量は少なめ、費用は安め、を常に意識してください。

■2:宴会などは出席する回数を事前に計画する

年末になればなるほど、予定も立て込んでくるでしょう。そして、多くのパーティーや宴会が重なることや、後から急にお誘いがかかることも。しかし、次々にかかるお誘いに全て乗っていては、年末年始は乗り切れません。

事前にある程度、回数の目星を把握しておき、あらかじめ予算配分などをしておきましょう。突発的なお誘いには、乗り過ぎないことも大事です。

■3:割引クーポンやセットメニューを活用する

この時期は、飲食店側も1年で最大のかき入れ時となります。この時期には、様々なサービスメニューが登場することも多いのです。そういったものを積極的に利用しましょう。思いもよらぬお得なメニューに巡り合えるかもしれません。

また、何よりも前もって予算が把握できるので、会計時に大慌て、なんてことはなくなります。

■4:料理の内容はシンプルなもので十分

年末年始の会では、久しぶりに会う人も多いでしょう。パーティーの主役はあくまでも人、そう、あなたや周りの友達です。料理や飲み物に凝り過ぎることは、必要ありません。

連日のパーティー疲れもあるかもしれませんし、シンプルなもので十分です。

■5:持ち寄りパーティーも選択肢に

持ち寄りパーティーにする手もあります。ホストの手間が省けて、予算が抑えられるだけでなく、参加者の持ち寄り品が楽しみでもあります。意外な人が意外な料理を持ってきた、といったサプライズも期待できて、楽しめそうですよね。選択肢のひとつに入れてみましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング