ほんとに忘年会!? 探偵が明かす「12月に浮気調査が増える」意外な理由4つ

WooRis / 2014年12月16日 21時0分

写真

探偵である筆者(総合探偵社スプラッシュ 代表:今野裕幸)の元には、12月になると浮気調査の依頼が増えます。しかし、浮気をする人は年がら年中している訳で、急に12月に浮気が増えるというわけではありません。

ですが、どういうわけか12月は確実に、浮気調査が増えるのです。それはなぜでしょうか? 

今回は、実際に筆者が毎年感じる“12月に急増する浮気調査の実態”について、筆者の著書『浮気がバレる男、バレない女』より4つの理由をご紹介します。

■1:一般のカップル同様、不倫カップルもイベントシーズン突入

12月のクリスマスをはじめとして、大晦日、1月は初詣、さらには2月のバレンタインデーに3月のホワイトデーまで、これから先3ヶ月間は恋人同士の思い出が増えるイベントシーズンです。

それは、浮気をしているカップルにも同じこと。人目を盗んで、クリスマスにデートというケースや、大晦日からの年越し不倫旅行などはよくあります。なかには、大晦日から登山をして初日の出不倫デートというケースもあるくらいです。

■2:決定的な証拠をつかみやすい時期

クリスマス前のこの時期は、街中がイルミネーションにきらめき、恋人同士は否が応でも、デートをしたくなる時期です。なので、浮気調査の舞台も、イルミネーションで飾られた街中はもちろんのこと、アウトレットやデパート、公園、遊園地、温泉地と様々な場所に広がります。

そして、イルミネーションと言えば、ホテル。そう、カップルの最終目的地であるホテル利用もこの時期増えるのです。と、言うことは決定的な証拠を撮りやすくなる時期でもあるということなのですね。

■3:忘年会という言い訳が通用する

浮気・不倫カップルは言い訳をするには、この時期が好都合。なぜなら、毎週末繰り広げられる忘年会を理由にして、浮気できる時間を確保できるから。

そして、朝帰りや外泊も、「飲み過ぎちゃったから」「タクシーで帰るのがもったいないから泊まるね」「朝までカラオケしてた」などと、様々な理由を付けやすいのもこの時期の特徴です。

■4:新年にモヤモヤを持ち越したくない

年末が近づくと、せわしなく感じるのは誰でも一緒です。とくに浮気をされている人からすれば、年内に決着を付けたいという強い気持ちを持っています。そのため、年を越す前になんとかハッキリさせて、気持ちよく新年を迎えたいという心理から調査依頼が増えるようです。

以上、12月に浮気調査が増える理由についてお伝えしましたが、いかがでしたか? 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング