40代以上の8割が予備軍!寝たきりにも繋がる「ロコモ」予防対策とは

WooRis / 2014年1月17日 18時0分

写真

最近よく耳にする“ロコモ”って言葉、いったい何だかわかりますか? ロコモとは“ロコモティブシンドローム(運動器症候群)”のこと。骨や関節、筋肉、動きの信号を伝える神経などが衰えることで、立つ、歩くという動作が困難になり、やがて要介護や寝たきりになること、またはそのリスクが高い状態のことをさします。

なんとなく高齢者の話のように聞こえますが、なんと40代以上の約80%がロコモ予備軍といわれていることをご存じでしょうか? 

今回はこの“ロコモ”の実態と対策法についてお伝えします。予備軍とされる40代はもちろん早めの対策ができる30代の方も、ぜひチェックしてくださいね。

■30代になると年1%ずつ筋肉が落ちていく!

フィットネスチェーン『Curves』を運営する株式会社カーブスジャパンの発表によれば、“ロコモ”というと“介護”や“寝たきり”という言葉から高齢者の話だと思われがちですが、ロコモ予備軍を含めると、40代以上の約80%である4,700万人(男性2,100万人、女性2,600万人)に該当すると推定されているのだそう。

筋力は10代後半をピークに低下していき、30代になると年に1%ずつ落ちていくそうなので、特にアラフォー女性は要注意。女性はホルモンの影響もあり、弱った骨や筋肉で、40~50代で体の衰えを感じやすくなり、60代になると思うように動けなくなる可能性もあるとのこと! 筋肉量の低下を食い止めるために、ぜひアラサー、アラフォーのうちから筋力トレーニングを始めておきたいものです。

■自宅で簡単にできるロコモ対策グッズ

「確かに、最近全然運動していないなあ……」と思い当たる方は要注意! できれば少しでも早く運動を始めたいものですが、なにぶんこの寒い冬の季節は、外出するのも億劫ですよね。とくに仕事や子育てに忙しいアラフォー世代は、運動のための時間をとるのも難しいもの……。

そこで、自宅で手軽に運動できないものかと、ロコモ対策コーナーを幅広く展開している、大手ホームセンター『カインズ』カー・アウトドア事業部の石井さんに、お話をお聞きしました。

「カインズのロコモ対策コーナーでは、最近グッズを購入される方が増えてきています。主に母親や父親のロコモ対策としてグッズを購入して、それをご自身がフィットネスとしてご利用になっているケースもありますよ」

自宅で手軽に運動できる、オススメグッズはありますか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング