豆腐もNG?カレとのお泊まり前には避けるべきフード7個

WooRis / 2014年1月29日 15時0分

写真

大好きな相手とのお泊まりで、大失敗をして気持ちが覚めてしまった経験はありませんか? もしくは、その後、相手がなぜか逃げ腰になってしまった経験はありませんか? もしかしたら、それはあなたのせいではなく、あなたが食べた物に原因があるかもしれません。

実は、身体はとても敏感で、あなたの食べた物がセックスに直接、影響していたのです。ムードを盛り上げるどころか、なぜか、身体の様子がいつもと異なったり、相手に不快感を与えてしまい、大好きだったのに、もう二度と連絡がなくなるという、悲しい事態は絶対に避けましょう。

以前、『WooRis』過去記事「セックスレスで離婚の危機?あなたの心と身体に効く食品6つ」では、ムードを盛り上げる食品をご紹介しました。今回は“カレとのお泊まり前には避けるべき食材”について、アメリカの情報サイト『Chron』の記事を参考に、7個ご紹介します。ぜひ頭に叩き込んでおきましょう。

■1:ペパーミントガム

ペパーミントは口の中がさわやかになり、清潔になる感じがしますが、メンソールにはテストステロンという、性欲に必要なホルモンのレベルを下げてしまいます。また、ガムを噛む事で空気を吸い込み、お腹に空気がたまり、ゲップやおならの原因となってしまいます。

■2:ホットドッグ

ホットドッグは食べやすくて美味しいですが、飽和脂肪含有量が多く、テストステロンのレベルを下げ、動脈の循環にも悪影響を与えます。ホットドッグの代わりに、フィッシュタコスなど、オメガ3脂肪酸が多く含んだ食材を食べる事で心臓血管系の働きを抑止、性的興奮の効果を得られます。

■3:フライドポテト

フライドポテトはホットドッグと同様に、トランス脂肪酸が多く含まれ、テストステロンのレベルを下げてしまい、循環にも悪影響を与えます。ポテトは悪くはないので、食べたい時はベークドポテトにしましょう。ドーパミンという幸せホルモンのレベルを上げてくれます。

■4:豆腐

豆腐はエストロゲンという女性ホルモンが豊富です。でもあまりにエストロゲンが多すぎると、男女共に、性的興奮の意欲がなくなってしまいます。その代わりにビタミンB5、B6が豊富な卵を食べましょう。

■5:缶詰類

缶詰食品はナトリウム量を多く含みます。その為、ガスが体内にたまりやすくなり、不快感になります。どうしても、食べたい時は20分以上は水に浸して、余分な成分を排除してから食べましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング