どんどん外で遊ばせて!「土遊び」が子どもに与える意外な効果

WooRis / 2014年2月2日 17時0分

写真

いまインフルエンザやノロウイルスが日本各地で猛威をふるっています。保育園や幼稚園、小学校でも休園、休校が相次いでいます。こういった疾患から子どもを守るためには、なんといっても子ども自身の免疫力を高めておくことが大切です。

寒さは体を丈夫にするといい、寒さに慣れさせることは子どもの免疫力維持のためにも重要です。とくに冬は、虫を気にしないでいい、雑草も少ないなど、実は外遊びに向いている季節なのです。

外遊びで土に触れることで、土の中の雑菌に対する抵抗力も養えます。外で砂遊び、土遊びをすることが風邪をひかない体をつくるのです。

さらにこの土遊びには、他にも子どもの成長にとって意外な効果があるようです。

ということで今回は、真冬でも元気一杯に園庭で遊ぶ子ども達にあふれる、福岡県の学校法人『神愛学園わかば幼稚園』の主任・川上尚子先生に、砂遊びや土遊びが子どもの成長におよぼす意外な効果について教えていただきました。

■土遊びは五感を刺激する“感覚遊び”

「入園してきたばかりの子が不安の強い時、教師は園庭の中を子どもと一緒に散歩して、木の実や草花を見つけたり、砂場に行き、子どもと一緒に遊ぶ事が多いのです。自然物に触れ、五感を使うことで感覚が刺激された子どもは、気持ちが解放され落ち着いていくのです。

砂や土での遊びは、“感覚遊び”と言います。ものを見たり、聞いたり、触ったりすることにより楽しむもので、主として感覚器官を使って遊ぶものです。

幼児にとって遊びは生活そのもの。砂場は幼稚園の子どもたちが成長していく上で、とても大切な場所と言えるのです」

最近では、砂遊びや、どろんこ遊びを、“手や服が汚れるから”という理由でさせない親も増えているようです。でも、五感を刺激したり、雑菌への抵抗力をつけたり、日光を浴びてビタミンDの形成が促されたりと、屋外での砂遊び・土遊びは子どもの心も体も鍛えてくれるのです。

■土遊びでは社会生活の基盤となる力が育つ

「友達と楽しく遊ぶ中で、コミュ二ケーション能力が伸びていきます。言葉を通して自分の気持ちを相手に伝えたり、時には思い通りに行かない葛藤の中で人間関係が育ち、社会生活の基礎となる力が育ってくるのです」

子どもは外で土に触れながら自由に遊ぶことを通じて、社会性を身につけられるのですね。砂場は、子どもたちにとって、まるで社会の縮図のようなものでしょう。

以上、砂遊びや土遊びが子どもの成長におよぼす意外な効果についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング