真面目な人こそ要注意!自分を責めると大損すること5つ

WooRis / 2014年2月10日 17時0分

写真

「自分はなんてダメなんだろう……」「私ってダメママかも……」と、真面目な性格や完璧主義の人ほど、自分を責める人は多いもの。

でも自分を責めることにメリットはあるのかといえば……冷静に考えれば、ほとんどないのです。むしろ自分を許さないと、反省を活かして変わることはできませんし、場合によっては大損してしまうことになります。

今回は、つい自分を責めてしまうとお悩みの方のために、“自分を責めると大損する5つのこと”についてお伝えします。

■1:目の前の仕事のパフォーマンスが下がる

自分を責めると、落ち込みや自己嫌悪、自己否定など、マイナスの感情で頭はいっぱい。当然今やるべき、目の前の仕事のパフォーマンスは下がります。

■2:満足なフォローができなくなってしまう

自分を責める事態が起きたということは、何かしらフォローをする必要があるでしょう。たとえば迷惑をかけた取引先や、怒り過ぎてしまった子どもに謝るなど。

しかし自分を責めると、「私ってなんてダメなのだろう」「社会人失格だ」など、頭の中は“自分”でいっぱい。相手の立場に立って考えることができず、満足のいくフォローができません。

■3:一緒にいる人も息が詰まってしまう

マイナスの感情は、表情や態度から一緒にいる相手にも伝染します。

■4:愚痴や不満が増える

自分を許せない人は、他人も許せません。自分と同じだけ他人への評価も厳しくなり、愚痴や不満を抱えやすくなります。

■5:美容や健康に悪影響をおよぼす

自分を責めると緊張状態で体が強張り、息が浅くなります。血液が十分に循環せず、肩こりや便秘、さらに肌荒れを起こしやすくなります。

以上、“自分を責めると大損すること”について5つお伝えしましたが、いかがでしたか? 

反対に、“自分を許す”ことのメリットは、上記の反対になります。つまり、目の前の仕事のパフォーマンスが上がり、満足なフォローができるようになり、一緒にいる人の負担が減り、愚痴が減り、美容や健康に良い影響がある、と、いいことづくめですね。

もちろん、ときには反省することも必要です。でも、そんな時にも、自分を責めるような感情を入れることはお勧めしません。そもそも頭の中が自己嫌悪や自己否定でいっぱいの状態で、果たして冷静に反省できるでしょうか? 

失敗を反省して改善するには、“精神的な落ち着きと余裕”が必要です。自分を許すことで心に余裕ができ、はじめて冷静に物事を見て、変わることができるのです。冷静な状態で、客観的に物事を考えて反省するようにしましょう。

【関連記事】

※ 口にするだけで失敗の元に!結果を左右する3つの「言葉の使い方」

※ 三日坊主さんに朗報!「継続せずにはいられなくなる」習慣化のコツ6個

※ 真面目なのに報われない「残念な人」の無駄な努力3個

※ 目標を叶えたいなら「絶対口にしてはいけない」NGワード5

※ 眠れない日々とはオサラバ!「快眠を導く寝室」のつくり方まとめ

【画像】

shanon wise

WooRis

トピックスRSS

ランキング