えっキスでも発症?知られざる「意外すぎるアレルギー源」8つ

WooRis / 2014年2月20日 19時0分

写真

 ”アレルギー”と聞くと、花粉症や食べ物を想像する方が多いのではないでしょうか? でも実は、世の中には、意外な物でアレルギーを発症する人々がいます。そしてそれは、かゆみや湿疹だけでなく、死に及ぶケースも少なくないのです。

そして、今アレルギーにかかっていない方でも、何の前振りもなく、突然アレルギーは発症します!

そこで今回は、アメリカの情報サイト『ODDEE』の記事を参考に、驚くべき意外なアレルギー症状を8個ご紹介します。自分や周りの人々が、これらのアレルギー症状にかかっていないかどうか、一緒に確認していきましょう。

■1:新生児アレルギー

アメリカの大学の研究によると、生まれたばかりの赤ちゃんが原因となって、女性に”水庖症”という、かゆみを伴なう皮膚の赤みがでて、水ぶくれのようになる症状がでる事がわかりました。

女性は妊娠2期、3期(28~40週)と出産後に、この水庖症が出やすいとのこと。珍しいケースだと、産まれてきた子供も発疹だらけの事もあるようですよ。

■2:水アレルギー

水アレルギーは、世界で2,300万人に1人が発症するとされている、とても珍しいアレルギー疾患です。

原因は、蒸留していない水で見つかるイオンに反応を起こす事。お風呂やシャワーを浴びるだけでも、痛みやかゆみを感じ、普通の状態に戻るまでに、2時間はかかるそうです。

■3:木材アレルギー

木材に由来するアレルギーは厄介です。木に触るだけでなく、紙や鉛筆に触ったり、使ったりする事もできないのです。症状は、皮膚刺激、咳やくしゃみ、じんましんとして現れます。

■4:エクササイズ・アレルギー

1,000人に1人は発症しているという、エクササイズ・アレルギーという疾患があります。運動によって誘発される”アナフィラキシー”が原因でこの症状が起きます。症状としては、疲労、皮膚の赤み、ほてり、呼吸困難、吐き気と嘔吐等が現れます。

実は、運動前に食べる物が原因となっている事もあるようです。小麦やヘーゼルナッツ、ぶどうや抗生物質や風邪薬、薬用ハーブサプリメントなどが関連しているとされます。

■5:太陽アレルギー

太陽アレルギーは、紫外線やUVの影響でじんましんが起きる疾患です。最も一般な個所は、首や手の甲、腕の表面、下脚です。

■6:現代技術アレルギー

いまやわれわれの日常生活には、コンピューター、携帯電話、電子レンジ、車など、最新テクノロジーがかかせないものとなっていますが、これらが発する電磁波やスモッグなどによって、皮膚発疹やまぶたの腫れといったアレルギーを発疹してしまう人がいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング