知らなきゃ損!アメリカで日本人観光客が賢くお買い物する裏ワザ

WooRis / 2014年3月4日 16時0分

写真

もうすぐ春の旅行シーズンですね。行き先の候補はいろいろあるかと思いますが、「アメリカに行って最新のファッションにふれたい! たくさん買い物したい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかくアメリカまで行くなら、思いっきり楽しみたいものですが、あれもこれもと欲しいがままにお買い物していると、帰国してから請求書を見て「ひ〜!」ということになりかねません。

そこで今回は、在米26年の自称“ディスカウントショッピング・クイーン”である筆者の体験をもとに、日本人がアメリカで賢くショッピングするためのマル秘テクをお伝えしますね。

■日本人むきの商品はここにある!

日本人は平均して、アメリカ人よりかなり小柄でスリムです。じつはそこに、日本人にとって賢くお買い物する裏ワザがひそんでいるのです!

英語圏の情報サイト『QVC.COMMUNITY』によると、アメリカ人女性の服のサイズの平均は14号。日本でいうと13号(XL)です。また、靴の平均サイズも『Ask.com』によると、サイズ8で、日本でいう24センチになります。

実際、アメリカのお店に並ぶ服のサイズは、4〜8号(M~L)が1番多く、靴のサイズは6.5〜9.5(24~27センチ)が68%を占めます。それでも日本人には大きいですよね。

じつは日本人が着るようなS、XSといった小さいサイズの服は、買う人が極端に少なく、売れ残るので、かなりの確率でディスカウント品になっているのです。

これは、靴も同様で、サイズ4.5〜6(22~23.5センチ)といった日本人に合うサイズの靴は、ディスカウント品になっているケースが多いです。お店に行ったら、ディスカウント品のコーナーは必ずチェックしてくださいね!日本人の体格にあったサイズの服が、かなりのお手頃価格になって置いてあるはずです!

■穴場は“子ども服売り場”!

また、カジュアルな服をデパートなどで探す場合は、“子ども服売り場”をチェックすることもオススメです! 

小柄な日本人なら、サイズ的にはジュニアサイズでも大丈夫ですし、デザインも、大人ものと同じような物がはるかに安くなっているんです。これはチェックしないと損ですよね。

以上、日本人がアメリカで賢くショッピングするコツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

たしかにアメリカは“お買い物天国”ですが、雰囲気に流されて高額な服ばかりを買っていては、とてもお金がもちませんよね。でも今回ご紹介した裏ワザを知っておけば、いい物がかなりお安く購入できるというわけです。

みなさんもアメリカへ旅行する際はぜひ試していただき、お得にショッピングを楽しんでくださいね。

【関連記事】

※ 知らなきゃ損しちゃう!海外で高級ジュエリーを買う時のポイント3つ

※ ちょっと待った!実はアメリカで使わないほうがいい英語表現3つ

※ マリンリゾートでサメに遭遇したらどうする?究極のサバイバル方法

※ NY警察官が指摘!海外旅行で「いいカモ」にされちゃうNG行動

※ アナタは大丈夫?海外で犯罪やトラブルに巻き込まれない服装とは 

【参考】

※ Size 14 is average American woman’s size – QVC.COMMUNITY

※ Average American Woman Shoe Size? – Ask.com

WooRis

トピックスRSS

ランキング