「メシマズ嫁」の汚名返上!知っておきたい基本の調理テク3つ

WooRis / 2014年3月12日 12時0分

写真

家族の健康のためには、手作りご飯が一番! でも「いくら作っても失敗ばかりで、ちっともおいしくな〜い!」という悩みを抱えるお母さんも少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事「だから失敗する!“メシマズ嫁”がやりがちなNG調理法とは」続編として、“まだまだある!初心者がやりがちなNG調理法”を、“正しい調理法”とともに、詳しくお伝えします。これを読んで、あなたも「メシマズ嫁」の汚名を返上しましょうね!

■1:ゆで卵の黄身が緑色に!

ゆで卵なんて、カンタン! と思ったら大間違いです。ゆでている間に殻が割れて中身が出てしまったり、ゆですぎて黄身がカパカパの緑色になってしまったり……という失敗が多々あります。そこで、基本の“ゆで卵”の作り方をご紹介しますね。

(1)水を入れた鍋に卵を入れ、30分ほど放置する。ゆでる間に殻が割れてしまうことを防ぐために、卵を常温に近い温度にするためです。

(2)殻が割れてしまった場合に中身の流失を防ぐために、鍋にお酢をちょっとたらします。火をつけて、強火で調理開始。黄身が偏るのを防ぐために、ときどき卵を動かしてください。

(3)ブクブク沸騰してきたら、タイマーをセット。トロトロ半熟は約3分、固ゆでは約5分が基本です。ただし、絶対にそれ以上はゆでないでくださいね。黄身が緑色になってしまいます!

(4)タイマーが止まったら、即座に火から下ろして、水で冷やします。殻を剥くときの技は、水の中で剥くと、スルっと上手にむけますよ。

■2:ゆでた野菜がベチャベチャに!

野菜をせっかくゆでたのに、まだ中が固かったり、逆にベチャベチャになってしまったことはありませんか? 実は“野菜をゆでる黄金のルール”があるのです。

それは、“根の野菜は水から、葉の野菜はお湯からゆでる”ということです。これを覚えておけば、あらゆる野菜が上手にゆでられますよ!

(1)根の野菜:根の野菜(ジャガイモ、サツマイモ、人参など)は火が通りにくいため、水から入れて、調理を始めます。はじめは強火で、沸騰してきたら火を弱めて、何度も煮具合を確かめながら調理してくださいね。

(2)葉の野菜:葉の野菜(ほうれん草、キャベツなど)は水に少量の塩を入れて、沸騰してから鍋に入れます。葉の野菜はすぐに火が通りますので、ゆで時間は約3分〜5分がベスト。時間がたったらすぐに火を止め、色よく仕上げるために、ザルにあげて冷水にさらします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング