空手マスターの女先生に聞いた!「通り魔」に襲われた時の最強護身術

WooRis / 2014年3月15日 19時0分

写真

日本は、世界でもダントツに安全な国ですが、だからといって安心は禁物! ときおり報道される恐ろしい”通り魔事件”も、いつどこで発生するかわかりません。もしかしたらあなたも、ターゲットにされる可能性がおおいにあるのです。

あなたは通り魔に狙われやすい行動をとっていませんか?

そこで今回は、ニューヨークで長年”沖縄空手一心流”の道場を経営し、警察官のトレーニングや、女性へ護身術を教えてきた、マリリン・フィエーロ先生に、通り魔に狙われやすい人の行動と、狙われた時の防衛法について教えてもらいましょう。

■”通り魔”に狙われやすい行動

(1)歩きスマホ

もう見慣れた光景になっている”歩きスマホ”ですが、これは大変に危険です。歩きながら操作しているので、神経はスマホに集中していて、周りで何が起きているのかに気がつきません。

「常に自分の周りで、何が起きているのかを把握していてください。とくに夜道では、近づいてくる足音や陰、ショーウインドーに映った姿などに気を配ることは、事件を未然に防ぐのに重要です」とマリリン先生は言います。夜道での歩きスマホは、やめましょうね。

同様に、歩きながらイヤホンで音楽を聴くのも危険な行動とのこと。耳を塞いでしまうので、周りの音が聞こえず、危険の察知が遅れがちになってしまいます。

(2)近道

「こっちの方が近道だし」と、女性が人通りの少ない道を一人で歩くのも禁物です。通り魔事件は、自宅付近で起こるかもしれないのです。このようなターゲットになりやすい行動は、避けましょうね。

(3)ヨッパライ歩き

つい飲み過ぎて、フ〜ラフラ。ヨッパライ歩きも、通り魔の格好の餌食となります。酔っていては、判断力が低下しますし、体が思うように動かないことだってあります。そういった場合には、タクシーに乗るか、誰かに送ってもらう方が安全です!

■”通り魔”に狙われた時の防衛法

では実際に、襲われたときにはどうしたらいいのでしょうか? ここでは、筆者自らマリリン先生に教えていただいた護身テクニックをお伝えしますね。

(1)後ろからついてきたら

思い切って振り向き「なにか、ご用ですか?」と言いましょう。それでも腕をつかまれたりしたら、相手の手首の親指側の骨を拳でおもいっきり叩くと同時に、つかまれている手を引いて、足で相手の膝の裏を蹴り飛ばして、逃げましょう。

(2)羽交い締めにあったら

冷静に、まずは肘で相手の”みぞおち”を一撃、その勢いで肘を下ろして、男性の急所も一撃、できればその後、肘を振り上げてアゴにもう一発かまして、相手を突き飛ばして逃げましょう! みぞおちへの肘鉄と同時に、足を踏んで逃げるのも効果的です。

以上、通り魔に狙われやすい人の行動と、狙われた時の防衛法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

たとえ私たちが空手のエキスパートではなくても、このような技を知っていれば、いざという時に役に立ちますよね。みなさんもお気をつけ下さい!

【関連記事】

※ 夜道でつけられたら8の字歩き!? 探偵直伝ストーカー対処法

※ NY警察官が指摘!海外旅行で「いいカモ」にされちゃうNG行動

※ 狙われてる…ベテラン刑事が教える「年末年始に一番多い犯罪」は

※ 元警察官が伝授!新犯罪「iPhoneひったくり」未然防止策

※ 他人事じゃない!? 「ストーカー化した元彼」から身を守るコツ 

【取材協力】

※ MARILYN FIERRO(マリリン・フィエーロ)・・・沖縄空手一心流の女性空手家としては、世界最高位の黒帯8段を持つ。ニューヨークのスミスタウンで空手道場を経営。

WooRis

トピックスRSS

ランキング