待ったなし!迫り来る「消費税アップ後」の生活を左右する節約対象5つ

WooRis / 2014年3月28日 12時0分

写真

いよいよ4月から、消費税が5%から8%に増税されます。これを期に節約したいと考えている方も少なくないのでは? でもどうしたら上手に節約できるのでしょうか?

インターネット調査会社マクロミルが実施したアンケートによると、消費税増税後に“節約する”と答えた人は約68%。半数以上の人が、4月の消費税増税後の節約を考えていることがわかります。

増税後は、数字を意識して上手に節約をしていくことがおすすめです。たとえば年収400万円の世帯では、年間約7万円の負担増になるといわれていますが、この7万円を12ヶ月で割ると、増税によって月に約5,900円の負担が増えることとなります。

この1ヶ月分の負担を、節約すべき金額の基準として考えてみると、節約を達成しやすいのではないでしょうか。

今回は、同調査の“消費税8%になったら何を節約する?”ランキングの結果をもとに、節約対象となる5つの項目と、今すぐ実行すべき節約方法についてお伝えします。

■1位:日々の食費・飲料費

月にいくら節約するかの金額を設定して、おやつを減らしてみる、今まで買っていたジュースをエコボトルに変えてみる、などの工夫で達成を目指しましょう。

■2位:外食・飲み会費

1回飲み会に行くと、どうしても数千円はかかってしまいますよね。今まで外食や飲み会の多かった人は、この機会に本当に必要な外食・飲み会を見極めてみてはいかがでしょうか。

■3位:洋服、ファッション雑貨費

プチプラアイテムをいつものファッションを上手に取り入れるなどの工夫をして、楽しみながらの節約に挑戦してみるのはいかがでしょうか。流行のデザインはそんなに長くは着られないので、ファストファッションブランドを上手に取り入れてみて下さい。

■4位:日用品・雑貨費

日用品は1ヶ月に使う量がだいたい決まっているので、大幅に節約をするのは難しい項目かもしれませんが、トイレットペーパーの使用量を意識してみたり、洗剤の量を意識してみるだけでも変わってきます。

自分の生活スタイルに合った形での無理のない節約を心がけたいところです。

■5位:旅行などのレジャー費

宿泊旅行に行くと1回で数万円の出費にもなってしまうこともあるので、年を単位として考えて、無理のない旅行の計画を立てる必要があります。

1度の出費が大きいだけに、今までは年に2回行っていた旅行のうちの1回を日帰りの旅行に変えてみる、などの工夫で大きく節約できるポイントになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング