「マジで離婚しちゃおうかな~」と思っている夫が出す危険サイン5つ

WooRis / 2014年4月3日 19時0分

写真

離婚の原因は、日々のちょっとした不満の積み重ねということもしばしば。ですから、一見平穏そうに思える結婚生活においても、いつの間にか夫が不満を溜めこんでいて、「もう離婚したい」とひそかに思っている恐れもあります。あなたの夫は大丈夫でしょうか?

せっかく縁あって結ばれたふたりなのですから、できれば危険なサインを早いうちに見抜いて夫婦関係の修復をはかりたいものですよね。

そこで今回は、英語圏の情報サイト『All Women Stalk』を参考に、「離婚しちゃおうかな」と内心思っている夫の危険な兆候5つをご紹介します。

■1:ケンカで絶対に妥協しようとしない

夫婦でケンカになった時、お互いに相手の言い分を聞いて、折り合いをつけることができているでしょうか?

もし、夫がいつも絶対に自分の主張を曲げず、あなたの言い分に聞く耳を持とうとしないのであれば、結婚生活をうまくやっていくつもりがない証拠です。

■2:争いを避けるようになる

夫婦で言い争っているうちは、まだマシかもしれません。本当にまずいのは、「どうでもいい」「君の好きにすればいい」などと言って夫が争いを避けるようになること。

夫のものわかりがよくなったわけではありません。結婚生活に失望しているので、もはや夫婦間の問題を解決するのも意味がないと思っているだけです。

■3:“忙しい”が口癖になっている

仕事は連日残業続き。たまの休みの日にも、家には居付かず、ひとりでフラッと出かけてしまう。

常に「忙しい」が口癖になっているのは、本当に予定が詰まっているというより、妻を避けるための口実かもしれません。

■4:夜の生活がなくなる

夫婦の絆を強めるうえでは、性生活も重要です。セックスレスだけでもかなり問題ですが、夫がベッドではなくソファで眠るようになったり、寝室を分けるようになったりすると、いよいよ危険信号といえるでしょう。

■5:喫煙や飲酒の量が異常に増える

タバコの本数や飲酒の量が急に増えたという場合も要注意です。酒やタバコに溺れるのは何らかの原因があると考えられます。

もし理由を問いただしても夫が答えようとしないのなら、あなたの結婚生活こそが深刻なストレスとなっているのかもしれません。

以上、「離婚しちゃおうかな」と内心思っている夫の兆候5つをお届けしましたがいかがでしたか? 

もしあなたの夫に、上記で当てはまる項目があれば、手遅れになる前に、あなたのほうから夫に働きかけてみるなどして、少しずつ夫との間にできた溝を埋めていきましょう。

【関連記事】

※ 最近夫婦の仲がピンチ!という人こそ知るべき「夫婦円満のコツ」3つ

※ 子はかすがいのはずが…子育てのせいで離婚してしまう妻のNG言動 

※ 離婚の危機!いつのまにか夫の心が離れる妻の特徴4個

※ どんどん家庭が円満になる夫婦喧嘩の黄金ルール5個

※ 浮気が発覚!危機を迎えた夫婦のための関係修復への5ステップ

【参考】

※ 15 Brutally Honest Signs Your Husband Wants a Divorce… – All Women Stalk

WooRis

トピックスRSS

ランキング