意外と見られてる!同性からのチェックに耐える「美肌作りのコツ」3つ

WooRis / 2014年4月12日 17時0分

写真

女性の皆さんは、初対面で同性の人と会う時に、ひそかに相手と自分を比べていませんか? 自分の方がキレイかどうかを、実はこっそりチェックしている人も少なくないのではないでしょうか。同性の目は、異性以上に厳しいもの。あなたも、相手からしっかりチェックされているかもしれませんよ。

フラーレン化粧品原料を製造販売する、ビタミンC60バイオリサーチ株式会社が、女性300名を対象に行った「基礎化粧品・スキンケアに関する調査」の結果によると、“自分以外の女性の顔を見た時に、つい注目してしまうこと”という項目の1位は“肌の美しさ”、2位は“シワ(ほうれい線など)”、3位は“シミ”という結果でした。

女性は肌の状態を、お互いによく見ていることが分かりますね。とくに、初対面の人と会う時は気が抜けない点だということですね。

そこで、今回は『WooRis』の過去記事から、3つの記事をもとに、“美肌作りのコツ”についてまとめてみました。おさらいしてみましょう!

■1:”3つの栄養素”を取り入れシミを撃退

美肌の天敵、シミ。美白を目指している方も多いでしょうが、どんなに白くてキレイな肌でも、シミがあると、印象はダウンしがちです。

「紫外線だけが原因じゃない!女性の敵“シミ”に対抗する栄養素3つ」では、シミができる原因は紫外線以外にもあり、主な原因は“ホルモンバランス’’だと伝えています。女性はホルモンバランスによって、肌の状態が変化し、このバランスが崩れると、肌の力が衰えてダメージを受けやすくなってしまう、というのです。

では、これを防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか? “3つの栄養素”がカギとなるそうです。

(1)イソフラボン

抗酸化力を上げてくれるポリフェノールの一種で、肌の保湿力アップや美白に役立ちます。主に大豆に多く含まれており、1日の摂取量の目安は、たとえば豆腐なら1パック、豆乳なら1カップ程度だということです。

(2)ビタミンC

紫外線に対する抵抗を高める抗酸化パワーがあり、シミやそばかすなどの色素増加を抑えたり、メラニンを還元して退色させる効果があるといいます。

(3)ビタミンE、ビタミンA(ベータカロテン)

主にゴマ油、オリーブ油、大豆、落花生、アーモンドに多く含まれています。ビタミンAはオレンジやトマト、ニンジンなどに多く含まれ、体の内側から抗酸化力をアップしてくれます。

上記3つの栄養素を摂取し、内側からのケアを徹底すれば、シミができにくく、できてしまったシミも薄くなっていくということです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング