毎月のことだから無頓着じゃダメ!「タンポン使用の危険性」2つ

WooRis / 2014年4月16日 20時0分

写真

月に1度の生理は、女性にとって本当に面倒なもの。生理中は、激しい運動も控えなければならないし、下手に動くと漏れるし、生理痛はあるしと、いいことがありませんよね? 

人によっては、量が多い日にはタンポンとナプキンを両方使ったり、出かける時だけタンポンにしたり、と苦労は様々です。

タンポンは、アメリカ人女性の間では使用率が高く、現在では約70%の女性が使用しているといいます。しかし、タンポン使用は本当に安全なのでしょうか?

そこで今回は、英語圏の情報サイト『EzineArticles.com』『Anion Australia』を参考に、あまり知られていない“タンポン使用の危険性”について、お伝えいたしますね。

■1:中毒性ショック症候群

タンポン使用によって、中毒性ショック症候群を引き起こす可能性があるといいます。その原因は、タンポンに使用されている、繊維だそうです。

ほとんどのタンポンには、吸収性の高い化学繊維“レーヨン”が使用されていて、このレーヨンを、膣の中に長時間入れておくと、そこにブドウ球菌が繁殖して、時として中毒性ショック症候群を引き起こしてしまうそうです。

■2:不妊症、子宮内膜症

タンポンの製造過程で、毒性の強い“ダイオキシン”が使われている場合があるというのです。そんなものが体に入って、いいことがあるわけはありませんよね? 

ダイオキシンが体に入ると、免疫機能の破壊や、ホルモンの働きを抑制することが分かっており、不妊症、子宮内膜症、最悪の場合にはガンになる可能性があるといいます。ダイオキシンは、体の中の脂肪細胞に蓄えられ、一度入ってしまうと体外に出ることがないそうです。

以上、“タンポン使用の危険性”についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

恐ろしい話ばかりでしたが、一説として知っておいて損はないはずです。タンポンを安全に使用するには、100%コットン製を選び、長時間の使用を避けることが大切なようです。

毎月のことですから、十分にお気をつけ下さいね。

【関連記事】

※ 放っておくと危険!体にたまった毒素を出してくれる「解毒フード」7つ

※ 素足の季節がくる前に!知っておきたい「足が臭くなるNG行動」と対処法

※ これだけは避けたい!どんどん生理痛を悪化させる3つのNG行動

※ こんな症状があったらすぐ相談!女性が見逃しちゃダメな病気サイン3つ

※ 薬が効かないは注意信号!うつ病かもしれない症状セルフチェック5つ

【参考】

※ Truth About Tampons - EzineArticles.com

※ Tampon Danger Endometriosis & Dioxin – Anion Australia

WooRis

トピックスRSS

ランキング