やっぱり気になる更年期!アンチエイジングにも嬉しいアノ成分とは

WooRis / 2014年4月9日 16時0分

写真

「もう年かな、もしかして更年期かな……」、体の不調を感じてこう思うことありませんか? 女性なら誰しも迎える“更年期”は、閉経前後5年ほどの時期のことをいいます。いつまでもキレイでいたいと願う女性にとって、更年期は敵のようなイメージがあるかもしれませんが、まずはきちんと理解することが大切です。

そこで今回は、更年期情報サイト『KO-NENKI.Lab』を参考に、更年期の基本知識と、対策として最近注目の成分をご紹介します!

■8割の女性が「更年期に対して不安」

株式会社ベネッセコーポレーションが、35歳から59歳までの女性を対象に「女性のアンチエイジングと更年期」に関するアンケートを行った結果、8割が「更年期に対して不安だ」という回答がありました。しかし一方で、「更年期の対策をしようと思っているがまだなにも行っていない」と回答した人が半数以上も。

危機意識は持っていても、何をして良いか分からない人も多いようですが、一早い生活習慣の見直し、体質改善が更年期に対して有効とされています。

■更年期症状が起こるメカニズム

更年期症状は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌低下によって、身体に影響が出ることです。特に閉経をきっかけに急激に低下するため、のぼせ、ほてり、不眠、ゆううつになるなど、さまざまな不調が起こります。

更年期の年代は介護などに追われたり、仕事で責任あるポジションを任されたり、非常に忙しい時期と言えますが、こんな不調が押し寄せてくるかもしれないと思うと、やはり不安になりますよね。

■ 更年期対策と注目の成分

そこで近年更年期症状の対策として注目されているのが、“イソフラボン”。女性ホルモン似の成分です。

さらに最近は、イソフラボンに含有する成分の1つ“エクオール”が、特に女性ホルモンと同じような働きがあることが分かってきました。エクオールのように、女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取することで、症状の緩和が期待できます。

■更年期対策=エイジングケア!?

女性ホルモンの働きには、肌の老化を防止したり、骨を丈夫に保ったりといった働きもあるので、更年期対策することは、エイジングケアになるということにもつながります。

もちろん、エクオールも、女性ホルモンと同じように肌の潤いを保つ働きもあるなど、美容効果も期待できます。エイジングケアによって、外見だけではなく、体調など内面も磨いて若々しくいたいと願う女性も多くいるのですね。

更年期症状は人によっても様々なので、医師とよく相談し自分にあった方法を選択することが大事ですが、不安な方は、エイジングケアをすることも対策の1つです! 最近ではエクオールを効果的に摂取できる“大豆イソフラボン”のサプリメントも登場しています。ご自身の体調に合った更年期ケア、エイジングケアができるといいですね。

【参考】

※ KO-NENKI.Lab

WooRis

トピックスRSS

ランキング