放置すれば心が病む!すぐ「自分のせい」にしてしまう悪い癖の直し方5つ

WooRis / 2014年4月25日 11時45分

写真

上司の表情が暗いだけで「自分のせいかもしれない」と考えこんでしまう……。このように理由もハッキリしないのに、すぐ「自分が悪い」とビクビクしたり、落ち込むことはありませんか? 

「自分が悪い」と1日に2〜3回思う人もいれば、年に2〜3回しか思わない人もいます。実はこれは“思考の癖”なんです! この癖を直さないと、必要以上に自分を責め続けることになり、積もりに積もって、不眠やうつになってしまう可能性があります。

そこで今回は、哲学を専門とする筆者から、すぐに「自分が悪い」ととらえてしまう悪い思考癖から抜け出すための5つのステップをご紹介します。

 

■1:“自分の思考癖”と自覚する

朝から晩まで自分を責める人もいれば、全く自分を悪いと思わない人もいます。まずは「自分は“自分が悪いと思う癖”を持っている」と自覚しましょう。“癖”という言葉通り、何らかの理由で自らその考え方を身に付けてしまっているので、まずは自分でその癖を受け止める必要があります。

■2:“傲慢な癖”と自覚する

一見「自分が悪い」と思う癖のある人は、謙虚なように見えます。自身も“自分を悪いと思う自分”を正当化している面があるでしょう。

しかし、自分が悪いと思う人は、同じように他人も「あの人は偉い」「あいつはダメ」という目で見ているのです。「自分が悪い」という考えは、実は“傲慢な癖”なのです。そのように自覚することも大切でしょう。

■3:“物事の見方が偏っている”と自覚する

物事の善し悪しの基準は、職種や性別、人種や国が違えば180度入れ替わります。それを考えると、あなたが下した善悪の判断は、“偏った物の見方”なのです。見方を変えてみることも大切かもしれません。

■4:人を善悪の判断をもって見ない

「自分が悪い」と思ってしまう思考癖を根本的に変えるためには、人を善悪の判断をもって見る癖をやめましょう。他人も自分も、“ありのまま”をただ受け入れるのです。1日に何度も善悪の判断を下したくて、心はザワつくでしょう。その度に、ありのままを受け止めるよう、思考をそちらに向ける努力をして下さい。

■5:“人は変わる”と期待しない

「自分が悪い」と思うことは、どこかで「今の自分はほんとうの自分ではない。自分は変われる」という期待を抱いているから思うのであって、同じく他人に対しても、「もっと変われるはず」という期待をもってしまいます。

しかし、人間は簡単には変わりません。今の自分が本当の自分であり、今の自分しかこの世には存在していないのです。自分も変われないのですから、なおさら他人を変えることはできませんよね。その事実を受け入れましょう。変えられるのは人ではなく、“やり方”などの手段の方です。

以上、すぐに「自分が悪い」ととらえてしまう悪い思考癖から抜け出すための5つのステップをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今の自分の状況を自覚し、ありのままを受け止める。1番簡単なようで、これが1番難しいのです。時間はかかりますが、冷静に物事を見るクセをつけましょう!

【関連記事】

※ 逆転の発想で人生をラクに!知っておくべき「あえて頑張らない」メリット9つ

※ 完璧主義は自分を苦しめる!「無理せず子どもと向き合う方法」2つ

※ 口にするだけで失敗の元に!結果を左右する3つの「言葉の使い方」

※ 三日坊主さんに朗報!「継続せずにはいられなくなる」習慣化のコツ6個

※ 眠れない日々とはオサラバ!「快眠を導く寝室」のつくり方まとめ

WooRis

トピックスRSS

ランキング