脂肪分ゼロでも安心しないで!驚くほどの「砂糖」が潜んでる食品5つ

WooRis / 2014年5月8日 5時45分

写真

皆さんは自分が一日にどの位の砂糖を摂取しているか考えた事はありますか? 

健康を気にしている方は商品を購入する時に、脂肪分0や、低カロリーの表示を見て購入しているかもしれませんが、実はそのように健康という表示がされた商品でも、大量の砂糖が含まれている場合があるのです。

3月に発表された世界保健機関(WHO)の新基準案によると、一日の糖類摂取量は全摂取カロリーの5%、砂糖量換算で25gが理想とされています。でも驚くべき事に、健康志向の強い人に限って、この数字をはるかに上回っているかもしれないのです。

今回は、英語圏のニュースサイト『BBCニュース』の情報を元に、砂糖を多く含んでいる意外な食品を5個、ご紹介します。一見ヘルシーそうに見えるものが多いので、注意しましょう。

■1:ヨーグルト

”脂肪分0”と表示されたヨーグルトは、ヘルシーそうなイメージを受けますが、じつは砂糖分はゼロではない場合があります。脂肪を除去する時に、味と舌触りを良くするために砂糖を加える場合が多いためです。

脂肪分を除去すると、味はかなりおちるので、それを補う為に砂糖を使用することがあるという事を、覚えておきましょう。

■2:トマトソース

トマトと聞くと、何ともヘルシーなイメージがありますが、自家製のトマトソースは別として、市販で売られているパスタ用のトマトソースや、トマトペースト等は、酸味を抑えて味を良くするために、大量の砂糖が加えられている場合が多いのです。

■3:コールスロー

サラダを食べてヘルシーと思ったら、大間違いです。野菜の千切りだけで、肉類を一切含まないコールスローでも、一人前で大さじ約1杯の砂糖は含まれています。

その原因はマヨネーズです。マヨネーズには砂糖が含まれています。コールスローに限らず、マヨネーズ系のドレッシングを大量に使ったサラダには気をつけましょう。

■4:水

同じ水でも、ビタミンやフルーツ等の味がついた水には、500mlの中に砂糖が15g含まれているとのこと。大さじ約2杯の砂糖が含まれた水を飲んでいることになるのです。

■5:パン

菓子パンに砂糖が含まれている事はもちろんですが、食パンや甘くないパンにも砂糖が含まれています。焼く過程の際に、きれいに色を出すために砂糖を使用しているケースもあるので、甘くないパンでも砂糖は使用されている可能性を覚えておいて下さい。

いかがでしたか? 食べ物の表示で皆さんが気にする個所は、カロリーですよね? 次からは、表示の砂糖分もきちんと見てみて下さいね。特に脂肪分0の商品には、その代わりに砂糖が大量に含まれています。

【関連記事】

※ 意外な落とし穴!ヘルシーっぽいけど「実は塩分多すぎ」な食品6つ

※ あの食品にも潜んでる!? 米国では禁止された危険成分を回避する方法

※ メロンで死亡するケースも!? 食中毒を引き起こす意外な食品7個

※ 健康維持のつもりが逆効果に!? 生姜の大量摂取に潜む危険4つ

※ サラダやプロテインバーもNG?体重を増やすヘルシー食品10個

【参考】

※ Five foods surprisingly high in sugar – BBC NEWS

※ WHOが砂糖摂取量で新指針案 炭酸飲料1缶で摂り過ぎに – CNN.co.jp

WooRis

トピックスRSS

ランキング