旬を逃せば味わえない!作ってみたい「新たまねぎ」簡単レシピ3つ

WooRis / 2014年5月1日 15時0分

写真

今が旬の“新たまねぎ”。たまねぎは、健康によい野菜の代表で、いろいろな調理法がありますよね。ですが、やはり旬の野菜は、できるだけシンプルな調理法で、味や香りを楽しみたいものです。

そこで今回は、以前『WooRis』でもご紹介した「チョ~簡単で健康的!知っておきたい旬の”新たまねぎ”レシピ3つ」の続編として、シンプルで簡単、そして健康的な新たまねぎレシピを、さらに3つご紹介しますね。

■1:新たまねぎの塩麹

材料・・・新たまねぎ(1個)、塩麹(大さじ1)、醤油、鰹節

(1)新たまねぎは、1.5ミリほどの幅で、スライスします。

(2)たまねぎと塩麹を食品保存用袋に入れて、冷蔵庫で10分〜30分くらいねかせます。

(3)たまねぎを取り出し、汁はのぞいて軽くしぼり、醤油と鰹節をかけて召し上がれ!

これは、新たまねぎとともに、プロバイオティクスの宝庫である塩麹も摂れるので、健康維持にはもってこいですよ。ただし、すでに塩麹で味がついているので、お醤油は控えめにしてくださいね。

■2:新たまねぎとトマトの蒸し焼き

材料・・・新たまねぎ(2個)、トマト(1個)、ニンニク(1片)、イタリアンパセリのみじん切り、エキストラバージンオリーブオイル(大さじ1)、塩&コショウ(少々)。

(1)新たまねぎ、トマト、ニンニクは、それぞれ洗って皮を剥き、ざく切りにします。

(2)アルミホイルを2重にして、袋を作ります。

(3)アルミホイルの袋に(1)を入れて、上からオリーブオイル、塩、コショウをして、袋を閉じます。

(4)アルミホイルの袋を、オーブンで約30〜50分ほど焼きます。

(5)袋から出して、お皿に盛り、上からイタリアンパセリのみじん切りをパラパラふって、でき上がりです!

アルミホイルの袋を開ける時に、ものすごく熱い蒸気が出るので、お気をつけ下さいね! これは、肉料理などの付け合わせに、もってこいです。

■3:新たまねぎと椎茸のソース

材料・・・新たまねぎ(1個)、椎茸(5個くらい)、ニンニク(1片)、バター(大さじ2)、塩麹&コショウ、醤油(少々)。

(1)新たまねぎは、洗って皮を剥き、2ミリほどの幅にスライスします。

(2)椎茸も、洗ってへたを取り、うすくスライスします。ニンニクは、包丁で叩き潰してください。

(3)フライパンを熱して(熱しすぎに注意!)バター大さじ1を溶かします。そこに、まずニンニクを入れて炒め、次に新たまねぎのスライスを入れて、少ししんなりするまで炒めてから、椎茸を加えます。

(4)そこに、塩麹を小さじ半分ほど入れ、残りのバターを加えましょう。醤油をひとたらししてから味をみて、コショウをふって火を止めて、ざっと混ぜると完成です。

これは、ステーキや鶏肉のソテーなどにかけて食べると、おいしいですよ〜! しかも、塩の代わりに、塩麹を使うので、健康的であるだけでなく、味にコクが出ます。

いかがでしたか? やはり、旬の食べ物は、シンプルな調理法で食べるのが、一番おいしいですよね。今回ご紹介したレシピをもとに、みなさんも、ぜひ作ってみてくださいね!

【関連記事】

※ コソ練必須!? 男性が「女性なら作れなきゃヤバい」と思っている料理ベスト5

※ 春でも油断大敵!インフルエンザや風邪予防に取り入れたい食材6つ

※ ユーウツな気分をさらに悪化させてしまう危険な食品7つ

※ だから失敗する!「メシマズ嫁」がやりがちなNG調理法とは

WooRis

トピックスRSS

ランキング