意外に実践できてない!毎日ハッピーにすごす簡単なコツ7つ

WooRis / 2014年5月20日 19時45分

写真

“ハッピーな気分を保つ”ことは、簡単なようで、なかなか実践できることではありません。

いい仕事が見つかったり、素敵な彼氏ができたりしたら、誰もがハッピーな気分になりますよね。でも、真の幸せへの第一歩は、内面の改善からだというのです。

今回は、アメリカのビジネス系ウェブサイト『Inc.』の記事を参考に、“ハッピーな人間になるためのヒント”7つをご紹介します。ぜひ実践してみてください。

■1:エクササイズする

運動をよくしている人は、性格が明るく、幸せそうに見えませんか? それは“見える”だけでなく、脳科学的にもそう実証されているそうです。

うつの治療に“薬”“薬とエクササイズ”“エクササイズ”という3つの方法を試したところ、“エクササイズ”のグループの成功率が最も高かったそうです。ちなみに、エクササイズの時間は10分程度でも十分効果があるそうですよ。

■2:睡眠時間を長くする

研究によると、睡眠不足はポジティブな情報や記憶を処理する脳の器官・海馬に悪影響を与えるそうです。加えて、睡眠不足だと、人間の心はより繊細になり、ネガティブな出来事に反応しやすくなるとか。

まずは早寝早起きを心がけ、すっきり爽やかな気分で朝を迎えましょう。

■3:家族や友達と過ごす時間を増やす

誰もが1人では生きていけません。他者とのいい関係は、私たちをハッピーな気分にする一番の要素です。

ハーバード大学の心理学者によると、家族や友人との交流が深い人はよりハッピーな気分でいられるといいます。ハッピーな気分でいることが、さらに大切な人との関係をよくし、さらに多くの関係を作っていくことになるでしょう。

■4:もっと外に出る

「インドア派だから」と、家にこもりすぎていませんか? もっと積極的に外に出て、清々しい空気を吸い、山や海で時間を過ごしましょう。

英国サセックス大学の研究によると、アウトドア、しかも都会の環境ではなく自然環境で時間を過ごした人は、よりハッピーな気分になったそうです。

■5:人を助ける

困っている人を助けて感謝されると、誰でもハッピーな気分になりますよね。ハッピーな気分や感謝の心は、どうやら伝染するようです。

ペンシルバニア大学の研究者によると、”他者に親切な行動をすること”は、ハッピーになる近道だったそうです。

■6:笑顔になる

笑顔の人は、他人の目にも幸せに見えますよね。実際、それは事実かもしれません。

ただ研究によると、笑顔にも“コツ”があり、口だけで微笑む“ニセ笑顔”を長時間続けると自分が疲れるそうで、楽しいことを想像し、口だけでなく目も使い“本当の笑顔”になることが大事だとか。笑顔には集中力と生産能力を高め、精神的なダメージを軽減する効果もあるそうです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング