落とし穴は退院後!産後ママが「育児でつぶれない」ための心得とは

WooRis / 2014年5月23日 16時0分

写真

赤ちゃんが生まれると、家族中が大喜び。出産という大役を終えたママも含めて、みんなが自然と笑顔になるものです。

今は90%以上の人が医療機関で出産しているといいます。ですから出産自体には、至れり尽くせりのケアがなされるわけです。でも実は問題なのは退院後。ひとりになったママ達は、赤ちゃんのお世話に直面して、ものすごく悩むことになります。

そこで今回は、雑誌『母の友』(福音館書店)2012年5月号の「お産はだいじな通過点」の記事から、看護師・助産師の岡いくよさんが述べていることを引用しつつ、“産後のママの過ごし方”のポイントについてご紹介します。

■育児の悩みは”自宅に戻ってきてから”始まる

<最近のお母さんたちはほんとに赤ちゃんの扱いを知らなくて、赤ちゃんが泣いていても、抱かずにじっと見てる。抱いて揺すって大丈夫でしょうか、揺さぶられっ子症候群になるんじゃないですかと本気で心配するんですよ。逆に、「ずっと抱き続けているんです」ということもあります。>

確かに初めての赤ちゃんで、周りに相談できる人がいなかったり、それまでに赤ちゃんと接したことがなかったりすると、いくら事前に知識として学んでいたとしても、不安でどう対応してよいか分からないところはありますよね。

出産直後の医療機関での入院中は安心ですが、いざ自宅に帰ってきたら、もうどうして良いか分からないというママも多いようです。

昔ならお婆ちゃん世代の知恵を借りるということもあったのでしょうが、以前とは赤ちゃんへの対応の仕方が変わってきているので、昔の経験があまり役に立たない、ということも多いようです。

■キーワードは“人に頼む”こと

<だれだって最初から完璧にはできません。私は、「母親だから」とか、「赤ちゃんとお母さんは一体」ということを医療が言い過ぎている気がします。ママも、赤ちゃんを産んだらすぐスイッチが入って立派にできるはずなのに自分はできない、と落ち込む。>

最初から親であるわけではなく、子どもが生まれた時に、初めて親になるのです。子どもも親も、ともに“初心者”から始まります。そこでいきなり完璧というのは、無理ですよね。

昔はそれをカバーできるような、家族や地域のサポートが存在していました。でも最近は環境的にそのようなサポートが得られないママも多いのです。そのようなママはひとりですべてを背負い込みがち。ここで大切なのが、”人に頼む”ということなのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング