これが鉄則!新しいことに挑戦する時に「してはいけないこと」6つ

WooRis / 2014年5月29日 19時45分

写真

仕事でも、恋愛でも、趣味でも、新しいことに挑戦する時には、不安でいっぱいですよね。不安にのみこまれ、緊張でガチガチになったり、すぐに諦めてしまったりする人も多いでしょう。

一方で自信を持ち、精神的に安定しながら、新しいことに挑戦できる人もいます。実は、自信があるように見える人には、挑戦する時に「これだけはしない」と決めていることがあるのです。

今回は英語圏の情報サイト『Lifehack』の記事を参考に、何か新しいことに挑戦する時に“絶対してはいけないこと”を6つご紹介します。

■1:リスクと失敗におびえすぎない

新しいことを始める時に、何より怖い2強といえば“リスクと失敗”。しかし、どの挑戦にもこの2つは付き物です。

必ずリスクはあるし、失敗もする。それなら「失敗した自分ってかっこ悪い……」と嘆くのではなく“得られるもの”を考えましょう。失敗こそ、大きく成長や成功に近付くチャンス。失敗した理由を探り、やり方を変え、また挑戦する。結局この繰り返しが1番大切なのです。

■2:不変、安定、快適を求めない

新しいことをはじめると、「早く慣れたい」「早く安定したい」と変わらぬ安定を求めてしまいがち。ところが成長や成功は、変化、不安定、不快の中にしかないものなのです。

安定して落ち着いてしまっている時には、成長が止まっているかもしれないと考えた方がよいでしょう。

■3:何でも自分の思い通りになると思わない

「自分だけはうまくいくはず」と信じたいですが、残念ながら世の中は不平等。自分の思い通りの結果にはならないことも多いのです。

他人の反応や結果など、全てをコントロールしようとするのは止めましょう。できるのは今この瞬間コツコツと努力すること、それしかないのです。

■4:他人と比較しない

挑戦する時ほど、他人の動向が気になります。他人と比較しては「こんな自分ではダメだ」と落ち込み、諦めてしまうことも多いですよね。

比較するなら、全部比較してみてください。全て比べると、生まれ持つ才能や性格も、育ったバックグラウンドも全く違う他人同士。他人と比較しても、あまり意味はないことが分かります。それよりは今の自分を昨日の自分と比較しましょう。

■5:誰かの許可を求めない

1人で決めるより、他人に承認してもらって、背中を押してもらう方が自信が持てますよね。でも、実際にやるのは自分1人です。

他人に許可を求めると、“自己責任の意識”が減ります。誰かに許可を求めるより、自分でよく考えて決めることも大切です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング