信念の強さがアダに!「心が疲れて折れやすい人」の特徴5つ

WooRis / 2014年5月29日 5時45分

写真

うつ病や摂食障害、睡眠障害など、メンタルと深く関係のある病気の話題について、最近いろいろな場所で耳にします。実はそうした病気になりやすい人には傾向があると、ご存じでしたか?

そこで今回は、厚生労働省がまとめたウェブサイト『こころもメンテしよう』の情報をもとに、心の病気になりやすい人の特徴を5つご紹介します。

■1:“オール・オア・ナッシング”思考の人

白か黒か、善か悪か、好きか嫌いか、何でもはっきりと決めないと気が済まない潔癖な人は、心の病気になりやすいそうです。ほどほどを知らないこの手のタイプは、自身の心の病気へのリスクを自覚する必要があるかもしれません。

■2:“べき”思考の人

「30代の独身女性はこうあるべき」、「主婦はこうあるべき」、「夫婦はこうあるべき」、「上司と部下の関係はこうあるべき」といった感じで、何でも“べき”と思いこんでしまう人も、心の病気になるリスクが高いそうです。思い込みや信念が強過ぎる人は、自身のメンタルリスクを知った方がいいかもしれませんね。

■3:“せい”思考の人

「自分のせいで負けた」、「自分のせいで場がしらけた」、「恋人ができない理由は自分の顔のせいだ」、「周りの人が変な顔をする理由は、自分の体臭のせいに違いない」など、何でも自分の“せい”にしてしまう人も、心の病気になるリスクが高いそうです。

自分の過ちを反省する能力には優れているので、一見するとそれほど問題は無いように思えますが、この考え方がいき過ぎると、心が疲れてしまうそうです。

■4:過小評価・過大評価が強い人

自分の仕事の成績が良ければ自信満々になり、一方で成績が下がると落ち込んで立ち直れなくなるといった、過小評価・過大評価が強い人も心の病のリスクが高いといいます。自分への評価が簡単に逆転してしまうので、心が落ち着かず疲れてしまうそうなのです。

■5:被害妄想・悪い方向への思考フィルターがある人

何でも悪い方向に考え、傷付いたり不安になったりする人も要注意だといいます。何気ない他人からの注意を必要以上に悪くとらえてしまったり、ちょっとしたトラブルに過剰に不安になってしまったりする人は、心の病のリスクが高いと知っておいた方がいいかもしれません。

以上、心の病気に注意したい人のパターン5つをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 

誰にでも多かれ少なかれ上述のような傾向があるはずなので、当てはまるからといって深刻になる必要はありません。ただ、心が疲れて折れそうになったとき、

「おいおい、それは被害妄想じゃないの?」

「べき思考にとらわれ過ぎかな?」

などと、自分の極端な考え方にツッコミを入れるだけで、かなりのガス抜きになるようです。

なかなか自分の考えにツッコミを入れるなど簡単ではないかもしれませんが、心の病気になりやすい人の典型的なパターンを学んでおくだけでも、違ってくるかもしれませんね。

【関連記事】

※ イライラをハッピーに!「オフィスライフを快適にする」5つの方法

※ 春うつに要注意!30代必見の日常に潜む「うつ病」のサイン11項目

※ 急増中「若づくりうつ」に要注意!あてはまるとキケンな女性はこの3タイプ

※ 「スマホうつ」の元凶はコレ!首への負担が心の不調を招くと判明

※ とくに35歳前後の人は注意!深刻な「うつ」に陥りやすい人のタイプはコレ

【参考】

※ こころのセルフメンテナンス法 考え方のチェック : こころもメンテしよう – 厚生労働省

WooRis

トピックスRSS

ランキング