合わないブラジャーが原因!? 日常に潜む「腰痛の原因」6つ

WooRis / 2014年5月30日 19時45分

写真

皆さんは、今使っているベッドのマットレス、どのくらい使っていますか? 正直、あまり意識したことはないのでは? じつはそのことが、身体に負担をかけ、悲鳴を上げさせているかもしれませんよ。

とくに身体の悩みで多いのが“腰痛”ですが、マッサージに行っても、またすぐに元に戻る腰の痛みで悩んでいるという方は、そもそもの原因をつきとめて解消させる必要があります。

そこで今回は、アメリカの健康サイト『everyday HEALTH』を参考に、日常生活の意外なところに潜む腰痛の原因6つをご紹介します。腰痛に悩んでいる方は、あてはまっていないか一緒にチェックしていきましょう。

■1:前かがみになっている

腰の痛みの原因は、腰そのものの痛みというより、肩や背中といった、上半身の負担からくる事が多いといいます。とくに、パソコン使用などで、現代人は前かがみになりやすくなっています。実際、前かがみになっている人は、腰痛もちの人が多いそうです。

気がついた時に壁に直立して、後頭部、肩、背中、お尻がつくように、姿勢をチェックしてみましょう。

■2:長時間座りっぱなし

オフィスにいるときや運転中、映画を観るときなど、あなたは長時間同じ姿勢で座りっぱなしではありませんか? 3時間座りっぱなしでいると身体に悪影響がでるといわれています。座りすぎは背骨に負担をかけて、腰痛の原因になります。

少なくても、1時間に1回は、立って歩いたり、軽いストレッチをしたりしましょう。

■3:靴が合わない

足に負担をかけないことが、腰痛を引き起こさないコツの1つです。靴を履く時は、クッションになるように、靴下を履くとよいでしょう。

女性の場合は、とくに自分の足の形を見てみてください。足の裏のアーチが高い場合は、フラットシューズよりも、ヒールの方が足に合うそうです。逆に足裏のアーチがない人は、フラットシューズの方が足に合うそうですよ。

■4:ベッドのマットレスが古い

身体を休めるはずの睡眠が、逆に腰に負担をかけている場合があります。皆さんはマットレスを、どのくらい使用していますか? もうかなり古くなっていませんか? 

ご自身がベッドに横になってみた時に、下に沈むようなら、マットレスが古い証拠です。腰に負担がかかるので買い替えましょう。

■5:ブラジャーが合っていない

合わないブラジャーをつけていると、背骨に負担をかけてしまい、腰痛を引き起こす原因となります。ブラジャーはきつ過ぎても、ゆるすぎてもよくないので、自分に合った物を選びましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング