見直さなきゃもったいない!「浪費癖が直る」シンプルな習慣6つ

WooRis / 2014年5月30日 17時0分

写真

「節約しなきゃ!」「お金を貯めなきゃ!」と思っていても、日々の生活で成功させるのはなかなか至難のわざですよね。

そこで今回は、オーストラリアのサイト『ASIC』の記事を参考に、ボーナスの季節を控えた今だからこそ「お金に関する習慣を変えたい!」と思っている人に、簡単にお金を節約できてしまう方法を6つご紹介します。

■1:食料品の買い出し頻度を決める

買い物前に必要なものをリストアップしたメモを作ることや、食品の買い出しは”○週間に1度”と決めてその範囲で自炊すると効果的です。

空腹で買い物に行くと、思わずいらないものまで買ってしまうこともあるので、空腹時はスーパーへ行かないことも大切です!

■2:電化製品は、こまめに電源をオフにする

使っていない部屋の電気は必ず消す、空調を保つためにカーテンを閉めておく、テレビとパソコンも使わない時はすぐに電源をオフにする、などのこまめな習慣に気を付けてみましょう。

洗濯機や食洗機、コーヒーメーカーなどは、使用する時だけ電源をオンにしてくださいね!

■3:節約志向の友達をもつ

休日やアフター5を同じように節約志向をもっているお友達と過ごすことで、無駄なお金を使わなくて済むようになります。

DVDや本を貸し借りしてもいいですし、節約ネタのおしゃべりも楽しいですよ。

■4:一時的に必要なものは友達から借りる

洋服を買うときにクリーニング代が高額になってしまうものではないか、同じようなものを既に持っていないか考えてみましょう。また、何か一時的に必要な小物類であれば、友人やご近所さんが持っていたら「貸して!」とお願いしてみるのもひとつの方法です。

■5:銀行手数料を節約する

預金の引き出しや振込など、銀行を使うときに意外とバカにならないのが手数料です。

給与受取りや光熱費の支払いを1つの口座に集中させることで、銀行の手数料が無料になるサービスを受けることもできるので、工夫して節約を心がけましょう。

■6:習慣を変えてみる

アルコールをやめてコーヒーにする、ジム通いをやめてランニングに変えてみる、ランチはお弁当にしてみる、クレジットカードを全く使わない月を作ってみる、本やDVDは図書館を活用してみる、など節約術はたくさん溢れています。

全部実行するのはとても大変なことなので、何か1つか2つ、自分の生活スタイルでできそうだなと思ったことを選んで、習慣化してみましょう。

以上、簡単にお金を節約できてしまう方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

浪費癖を直すには心がけと習慣が大切です。節約は、“塵も積もれば山となる”です。無理なく楽しみながら節約習慣を取り入れて、浪費とサヨナラしてしまいましょう。

【関連記事】

※ あなたはどっち?「お金持ちになれる人orなれない人」決定的な違い5個

※ 自信ある?「貯金下手」は消費・浪費・投資を誤解していると判明

※ あてはまると一生貧乏!? お金持ちになれない人の残念な考え方6個

※ 夫がクビになってからじゃ遅い!知っておくべき「家計危機」への対処法

※ 年収1千万以上でも約1割は貯蓄ゼロ!? 貯まらない思考3つ

【参考】

※ Simple ways to save money – ASIC

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング