アソコを測るだけ!病気になる前にやるべき「メタボ」セルフチェック方法

WooRis / 2014年6月9日 19時45分

写真

“メタボ”という言葉、すっかり定着しましたね。メタボリックシンドロームは気付かないうちに動脈硬化が進んで、ある日突然心臓病や脳卒中になり、突然死するリスクのある恐ろしい病態です。

そして、サークルKサンクスが行った「メタボリックシンドロームに関する意識調査」によると、メタボ予備軍を自覚しながら何ら対策をしていない人が、男女ともに4割以上もいるとわかりました。痛みがないので、自分が現状でどれくらい危ないのか、実感しにくいことが原因かもしれません。

そこで今回は、厚生労働省の健康情報サイトの記事を参考に、現在一般的におこなわれている、メタボリックシンドロームの簡単なセルフチェック方法を紹介します。ぜひともやってみてください。

■ウエストを測るだけ!

メタボリックシンドロームを正確に調べるには、CT検査をします。そして、おへその高さで胴体を輪切りにした画像で、100平方センチメートル以上の内臓脂肪面積がみられ、高血圧や高血糖などを合併していると、メタボリックシンドロームと診断されます。

……ですが、なかなかCT検査を受ける機会はありませんよね。

そこで自分でもできるチェック方法が、ウエストの計測です。日本肥満学会によると、内臓脂肪の面積とウエストサイズには一定の関係があるそうで、男性の場合はウエスト85センチメートル、女性の場合は90センチメートルになると“危険信号”です。

また、ウエストが上述のサイズを超えている場合は、高血圧や高血糖になる可能性が高くなるそうなので、忙しい人でもメジャーを引っ張り出して、今すぐチェックしてみてください。

■男性は85センチ以上、女性は80〜90センチ以上は要注意!

ちなみに、男性よりも女性のほうが90センチメートルとサイズが大きい理由は、女性はもともと“皮下脂肪”が多いからです。同じ100平方センチメートルの“内臓脂肪”があっても、女性は“皮下脂肪”がもともと多いので、ウエストサイズが大きくなるそうです。

WHO(世界保健機関)では、女性のウエストサイズが80センチメートル以上になるとメタボリックシンドロームの“危険信号”としています。昔からやせ型の人は80センチメートルを基準に考えてみるといいかもしれません。

以上、メタボリックシンドロームを簡単にチェックする方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 

ウエストサイズが上述の数値を超えている人は、念のため内科で診てもらったほうがいいかもしれません。放置すると気付かないうちに動脈硬化が進んで、心臓病や脳卒中などの重大な病気に発展し、突然死するリスクすらあります。十分注意してくださいね。

【関連記事】

※ 実はメタボ予防のためには19●●年の食事がベスト!?

※ 工夫はほんの少し!薬に頼らず「健康的な暮らしを送る」7つの方法

※ 意外なことが要因に!「寿命を縮めるかもしれない生活習慣」5つ

※ だからいつも続かない!ダイエットが7日以内に失敗する5つの理由

※ 基準値内でも肥満!? 過信しちゃダメな「BMIの落とし穴」

【参考】

※ なぜ男性85cm、女性90cmなの? : e-ヘルスネット – 厚生労働省

※ メタボリックシンドロームに関する意識調査 – サークルKサンクス

WooRis

トピックスRSS

ランキング