印象を左右するのはココ!「老け顔」回避のパーフェクトな眉の作り方

WooRis / 2014年6月10日 16時0分

写真

外を歩いていてふとショーウインドーに映った顔や、洗面所で手を洗っていて鏡に映った顔を見たときに、「ゲっ! 私ってこんなに老けてたっけ……」と驚くことはありませんか? 「ちゃんとお肌のお手入れをしているのに、なぜ?」と思うかもしれませんが、それはもしかしたら、あなたの眉毛に原因があるのかもしれません。

そこで今回は、英語圏の情報サイト『How life Works』『SHAPE』を参考に、老けて見られない眉毛の作り方のコツをお伝えしますね。

■眉毛は40代から薄くなる

眉毛は30代をピークに、40代になると薄くなり始めます。そして、眉毛が薄くなると、顔は老けて見えるといいます。きちんと手入れされ、整った眉毛は、目を明るく見せほお骨を際立たせるので、若々しい印象を与えます。

シワやシミを消すにはお金がかかりますが、眉毛を整えるだけで老け顔対策ができるのであれば、これをしない手はないですね! 

■眉を頻繁に抜くのはNG

整った眉毛というのは、あなたの自然な眉の形が基本です。ですから、やたらと剃ったり薄くしたりするのはNGです。とくに、頻繁に眉を抜いていると、40代に入ってから“ウス眉”になり、老け顔に見られる可能性が高いそうなので、気をつけて下さい。 

■パーフェクトな眉の作り方4つ

では、どうしたら老けて見られない眉が作れるのでしょうか? ニューヨークでビューティースタジオを経営するカピル氏によると、

(1)基本的に、眉毛は抜かない。

(2)週に1度は、日のあたる明るい部屋で、眉毛のアウトラインを描き、眉山になるところに指を置き、上に持ち上げる感じで押さえながら、ラインの外のむだ毛だけを抜く。

(3)眉を描くときには、自然な眉のラインに従って、ごく薄く色を足すようにする。この時、色は髪の色より1段階明るめにすると、よりナチュラルに見えます。眉毛が途中で欠けている人は、そこにまずパウダーを置き、その後ペンシルで上からなぞり、ブラシを使って全体になじませると、うまくブレンドして、目立たなくなります。

(4)顔の形にあった眉にする。自分の顔の形にはどんな眉が似合うのか見つけるのは難しいですよね? 一度メイクアップアーティストなどプロに意見を聞いてみましょう。

 とのことです。参考になりますね。

ということで、以上、老けて見られない眉毛の作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

眉毛は私たちが思っている以上に、顔の印象を左右します。そして、年齢とともにウス眉になることで老けてみられがちなのです。ですから、みなさんもこれを参考に、美しく整った眉毛を手に入れて、いつまでも若々しさを保って下さいね。

【関連記事】

※ 重ね塗りは御法度!気温が上がる時期の「メイク崩れ防止テク」6つ

※ スキンケアしても無駄になる!? 「老け顔」をもたらす要注意な食品8種

※ 放置で老け顔まっしぐら!今日からできる「ほうれい線」撃退テク3つ

※ 近年増加…「一人暮らし」は老け顔になりやすいという事実が判明

※ 紫外線で老け髪に!対策を忘れがちな「髪の日焼け」にご注意

【参考】

※ Are Your Thinning Brows Adding Years to Your Appearance? – How life Works

※ 4 Secrets for Amazing Eyebrows – SHAPE

WooRis

トピックスRSS

ランキング