アイタタタ…寝ている時に突如襲う「こむら返り」が起きやすい状況3つ

WooRis / 2015年1月5日 18時0分

写真

気持ちよく眠っていたのに、ふと嫌な感じがして目覚めると……「アイタタタ」と、足がつって動けなくなってしまったなんて経験はありませんか?

足がつることを“こむら返り”と言います。この症状は激しいスポーツをしている最中になりやすいと言われていますが、大半の方は寝ているときに経験したことが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エステティシャンでありスポーツトレーナーをしていたこともある筆者が、こむら返りを起こしやすい3つの状況とそれぞれの対処法についてご説明いたします。その痛みはもしかしたら身体の危険信号かもしれません。きちんと身体のケアをしていきましょうね。

■1:足に負担をかけた後

買い物などでたくさん歩いたり、営業職の人が外を歩き回ったりなど、日常の動きでも常に足に負担はかかっています。足に負担がかかっているということは、筋肉が緊張状態になっているということです。

放っておくと、こむら返りだけでなく、スジが伸びてしまったり断裂してしまったりなど悪化する恐れもあります。足を使ったと実感した日はストレッチなどを意識的に行い、水分と塩分やミネラルの摂取も忘れないようにしましょう。

■2:妊婦さん

妊娠に伴う急激な体重増加により、血管が圧迫されて血行が悪くなったり、出っ張ったお腹をかばうために足や腰に負担がかかったりしている妊婦さん。ストレッチをしたくてもお腹が邪魔でなかなかできませんよね。夜に目が覚めてしまうのは、妊婦さんにとって、とっても大きなストレスになってしまいます。

寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、湯たんぽなどで足元を温めたりしながら眠るといいですね。

■3:水分不足のとき

筋肉の硬直は、筋肉中の水分不足によって起こります。普段、水分をよく摂っているから大丈夫だと思っていても、身体の中に蓄えられていない場合がほとんどです。人間の身体は睡眠中も汗をかきますので、眠る前にコップ1杯のお水を飲んでおきましょう。

それでも頻繁につる場合は糖尿病などの疑いもあります。

以上、こむら返りを起こしやすい3つの状況とそれぞれの対処法についてご説明しましたが、いかがでしたか? 当てはまるものはありましたでしょうか。

頻繁に繰り返し起こる場合には椎間板ヘルニア、糖尿病、動脈硬化、甲状腺異常などの疾病や、現在服用中の薬の副作用、妊娠中なども考えられますので、こむら返りに悩まされている方はぜひ一度病院へ行ってみましょう。湿布や漢方などを処方してくれるはずです。

どんどん寒くなって、足がつるなどの現象が起こりやすいこの時期。冷えや水分不足が原因の場合もあるので、応急処置としては蒸しタオルで温めたりなどすると筋肉の回復が早まると言われています。

冷えは女性の大敵。そういった身体のSOSが出る前にセルフケアを忘れないようにしましょう。

【関連記事】

※ 癒されるはずの温泉で逆に疲れる…「身体に負担をかけちゃうNG入浴法」とは

※ 週3回以上は注意?「こむら返り」に潜む病気とは

※ ぴきーん痛ッ!寝ているとき急に襲ってくる足の「こむら返り」を防ぐコツ

※ あるある!寝ているときに突然「ビクっ」てなる謎の現象の正体はコレ

※ 冷え性・むくみ・貧血!「女性の3大お悩み」原因&解決法まとめ

【姉妹サイト】

※ こんな症状が危険!覚えておきたい「急性アルコール中毒」の症状3つ

※ 「チョコを食べるとできる」ってマジ?ニキビにまつわる噂のウソホント

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング