カレと上手にケンカできてる?「成功する結婚」の基本条件8つ

WooRis / 2014年6月16日 7時0分

写真

ジューンブライドの季節がおとずれ、周りでは結婚式を挙げる親戚やお友達も少なくないことでしょう。

しかし、結婚したカップルの約3分の1が離婚するというのが現代の日本の結婚・離婚事情。結婚前に浮かれず、しっかりと両目を開けて「本当にこの人と結婚していいの?」と熟考してみたいものです。

でも、「じゃあ、何を基準に考えればいい?」というあなたに、今回はアメリカの恋愛サイト『Your Tango』の結婚・離婚カウンセラーによる記事を参考に、“成功する結婚の基本条件”をご紹介します。

■1:双方とも25歳以上

結婚年齢が25歳以上の場合、25歳未満よりも成功する確率が高いそうです。理由としては、人生経験をある程度積んだ年齢であるからだそう。

人間は経験から学んでいくもの。若くして結婚したい相手と出会った場合、何年かおつきあいをして、互いに成長してから結婚を考えても遅くはないでしょう。

■2:結婚後1年は子どもを持たない

無邪気で可愛い赤ちゃん。でも、そんなラブリーさとともにやって来るのが、授乳やオムツ替え、夜泣き&寝不足、自分の時間を失う……などなど。

妊娠・出産は、結婚後しばらく経って、足場を固めてからのほうがよいかもしれません。

■3:仕事を持ち一定以上の収入がある

愛とお金を天秤にかけることはできませんが、お金はないよりはあるほうがよいもの。必要なお金がないと、ケンカなどトラブルの元ですよ!

2人の年収が約250万円のカップルより、約500万円のカップルのほうが成功率が高いとか。相手に依存せず、お互い経済的に自立できるようにしておきましょう。

■4:同じ信仰・信条を持つ

カップルのうち1人が特定の宗教を信じ、もう1人が信じていないという場合、結婚生活や子どもの入信問題など、あとあとトラブルになることも。結婚前に話し合い、解決しておきたい問題ですね。

■5:大卒である

決して“大学を卒業した”という事実が成功の原因ではないようです。しかし、教育を受けることで経験が増し、さらなる広いフィールドを知る機会が多くなることから、相手に対する許容性も広がるようです。

相手を選ぶ目を厳しくもつことが、成功の秘訣かもしれませんね。

■6:相手が親友でもある

あなたの結婚相手は、何でも話し合えて、いつも一緒にいても飽きず、ケンカをしてもすぐ仲直りでき、同じことで大笑いでき、お互いをいたわりあえる人ですか? そんな人と結婚すれば、幸せな生活になりそうですね。結婚生活に恋愛感情は大事ですが、その根底には友情も必要だといいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング