いつも同じパターンで彼と別れてしまうのは「●●に対する感情」が原因!?

WooRis / 2014年7月11日 7時0分

写真

いつも同じ恋愛パターンを繰り返して、別れてしまう。彼に求めすぎて、「重いからもう付き合いきれない……」といって別れの言葉を切りだされてしまう。そんなツライ別れを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、そのうまくいかない恋愛、“父親に対する感情”が影響しているのかもしれません!

そこで今回は、恵比寿でセラピールーム『Bright Moon』を開いているセラピストの松崎有里さんに、恋愛を失敗させる要因になってしまっている父親への感情について、うかがってきました。

■1:まずは父親に対する感情のチェックをしてみよう

「恋愛がうまくいっていない方の場合、父親(もしくは母親)に対する感情やイメージがあまり良いものではないことが多いです」

「親のことをどういう風に思っているか、子どもの頃、何をしてもらいたかったか、などの感情をチェックすると、恋愛がうまくいかない状態が改善する場合があります」

もし、いつも恋愛がうまくいかないという悩みをもっている方がいたら、まずは父親(もしくは母親)に対する感情のチェックをしてみるといいかもしれませんね。

■2:彼に“父親”を重ねない

「父親あるいは男兄弟は、ご自身が社会に出る時のモデルになります。多くの女性は父親や男兄弟をとおして、世の中の男性を見ていますが、彼に父親像を投影するのはやめましょう。あくまでも“彼は彼”という視点で見ることが大切です」

最初に接する異性は“お父さん”ですものね。男性についてのイメージは、“父親や男兄弟”をとおして形成されていることを認識することは大切かもしれません。

■3:父親にしてもらいたかったことを彼に求めない

「子どもの頃、“父親にしてもらいたかったけど、してもらえなかったこと”というのがあると思います。その欠乏感をうめようと、彼に“求めすぎる”のはいけません。

求めすぎると、彼は重くてしんどいと感じてしまいます。彼はそんなアナタを支えきれなくなるので、結果的に、アナタの前から去ってしまうかもしれません」

「また、彼が自分の思い通りの行動をしてくれなかったからといって怒るのはNGです。彼には彼なりのやり方でアナタを愛してくれるのだという自信を持つようにしましょう」

彼に、無意識のうちに、子どものころにしてもらいたかったことを求めてしまってはいないでしょうか? 彼に求めすぎて重くならないように気をつけたいものですね。

以上、恋愛を失敗させる要因になってしまっている父親への感情についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング