即効性あり!カンタンに「自分に自信をつけられる」8つの方法

WooRis / 2014年6月28日 19時45分

写真

人間にとって、もっとも大切な性質のひとつである“自信”。恋愛や友人・家族関係、仕事など、多くのトラブルは“自信のなさ”から来ていることが多いのではないでしょうか? 人生において成功を収めるには、虚栄心ではなく本当の意味での自信が必要です。

“自分に対する自信をつける”という行為はすぐにできることではなく、人生経験とそれなりのプロセスが必要。でも、私たちが日常的に行っている小さな行動から、気分を上げて自信をつけることにつながる即効性のある方法が存在するそうなんです!

そこで今回は、アメリカのTVパーソナリティ、オプラ・ウィンフリーのウェブサイト『Oprah.com』の記事を参考に、すぐにできる“自分に自信をつける方法8つ”をご紹介します。早速実行に移してみましょう。

■1:背筋を伸ばす

うつむいていると、いつの間にかしょぼんとした顔になって、「私なんか……」という気分になってきませんか? そんなときは、すっと背筋を意識的に伸ばし、前を向いてみましょう!

顔も態度もきりっと引き締まり、文字通り“前向きな気分”になれると思います。

■2:お気に入りの香りをつける

気分が沈みがちなときは、お気に入りの香りをしゅっと吹きかけると、気分がさっと明るくなるそうです。恋人や友達と会うときにも活用しましょう。ただ、つけすぎは他の人に迷惑をかける可能性がありますので要注意!

■3:異性と話す

男性に笑いかけたり、にこやかに話すなどのコミュニケーションを取ったりすると、女性としての自信がアップするそうです。身近な人よりも、カフェの素敵な店員さんなど知らない人のほうがより効果的でしょう。

■4:気合いを入れる

プレゼンテーションなど緊張する瞬間の前には、拳を握り締めて体をボクサーのように揺らし、大きく息を吐いて「よし!」と気合いを入れると、覚悟ができ、自信がアップするそうです。

■5:ポーズをとる

頬杖をついて座り、もんもんと考えごとをするよりも、足を開き地面にしっかりつけて、両手を腰に当てて自信ありげなポーズを何分間か決めると、気分が上がるそうです。

■6:瞑想する

10分程度、呼吸を整えながら瞑想を行うと、集中できて自信が高まるとか。毎朝の習慣にしてみるといいかもしれませんね。

■7:コーヒーを飲む

カフェインを100mgほど摂取すると、集中力とエネルギー、自信がアップするそうです。職場で眠くなったり、集中力がなくなったりしたら、コーヒーが飲みたくなったりラテを買いに走ったりするのは、理にかなっているんですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング