ユーウツな梅雨に!気分をアゲてくれる「ちょっとした生活の工夫」5つ

WooRis / 2014年6月25日 7時0分

写真

ジメジメとした、いや〜な梅雨。連日の雨や湿気で、気分も下がってしまいますよね。

気分が下がってくると「もう何もかも、どうでもいい……」なんて思ったりしがち。それは、もしかしたら自分のエネルギーが弱まっているからかもしれません。

そこで今回は、英語圏の情報サイト『Prevention』を参考に、この憂うつな梅雨の時期にこそ試したい、簡単にできて気分をアップさせられる“ちょっとした生活の工夫”を5つ、お伝えいたしますね。

■1:塩を入れたお風呂につかる

大忙しで体も心も疲れてガタガタ……なんて日は、お風呂です! ただし、普通に入るのではなく、お風呂にミネラル豊富な死海の塩やヒマラヤの塩などを、カップ2〜3杯入れて、入ってみてください。

天然の塩には、あなたをリラックスさせ、気分をアップさせる効果があるそうです。とくに、落ち込んでいる時にはオススメです。

■2:キャンドルを灯す

「イライラして落ち着かない……」という時は、キャンドルに火をつけてみてください。そして、火を見つめながら、深呼吸を。

火には、心を静める効果があるんですね。もし手に入るようでしたら、セージや、ラベンダーの香りがするアロマキャンドルがオススメですよ。

■3:散歩に行き裸足で歩いてみる

梅雨の合間の天気のいい日には、自然がたくさんあるところへ、お散歩に行きましょう! そして、もし地面がそれほどぬかるんでいなければ、裸足になって歩いてみてください。

裸足で歩くと、大地から直接エネルギーがもらえるので、自分のエネルギーも強くなり、歩いているうちに、気分がアップしてくるのを感じるといいます。

■4:携帯電話の電源をOFFにしてみる

最近の調査によると、携帯電話の使い過ぎは、うつやストレスの原因になることが分かってきました。また、携帯電話の電磁波は、脳腫瘍の原因になる可能性があることも分かってきていますから、たまには電源を切って“携帯フリータイム”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■5:水晶を部屋に置く

水晶には、特殊なチカラがあるといわれています。そこで、水晶を部屋の四隅に置いてみてください。すると、水晶の持つパワーで部屋が満たされるので、ジメジメ、うつうつしていた部屋が、居心地のいい、リラックスできる空間に変身するということです。

以上、梅雨の時期の憂うつ気分をアップさせる“ちょっとした生活の工夫”を5つご紹介しましたが、いかがでしたか? 毎日雨でジメジメしていると、つい気分が下がりがちですよね。そんな時には、これを参考にして、エネルギーを補給してくださいね。きっと、気分も良くなるはずですから。

【関連記事】

※ こんな家にはしちゃダメ!「うつになりやすい家」のNGポイント5つ

※ 放置するとヤバイ!うつ症状の悪化を招くNG生活習慣6個

※ 春うつに要注意!30代必見の日常に潜む「うつ病」のサイン11項目

※ 急増中「若づくりうつ」に要注意!あてはまるとキケンな女性はこの3タイプ

※ 「スマホうつ」の元凶はコレ!首への負担が心の不調を招くと判明 

【参考】

※ 8 Ways To Recharge Your Energy And Your Spirit – Prevention

WooRis

トピックスRSS

ランキング