一流アスリートに学ぶ!長友選手も実践する睡眠の質改善法とは

WooRis / 2014年6月16日 14時0分

写真

質の高い眠りが心身の休養には重要だと分かっていても、寝具を適当に選んで済ませてしまっている人は意外に多いのではないでしょうか? 

現代社会はシフトワークや長時間通勤、夜型生活などの影響で、どうしても睡眠時間が削られがちです。だからこそ、せめて睡眠の質は向上させて、しっかりと体を休ませたいところですよね。睡眠の質が低下したままにしておくと、産業事故やうつ病、生活習慣病の悪化などのリスクが高まるといいます。

そこで今回は、寝具や寝室環境を整え、睡眠の質を改善する重要性についてお伝えします。

■寝具によって眠りの質は劇的に改善する

厚生労働省が運営するウェブサイト『e-ヘルスネット』によると、快眠とは“寝室の環境”と、寝床を作る“寝具”の質によって決まるそうです。

寝具の中でも特にマットレスは湿度や温度を最適に保ち、負担が少ない寝姿勢を維持させる直接的な道具なので、睡眠の質にはかなり影響します。マットレスが柔らか過ぎれば腰や胸が沈み込んで腰痛の原因になりますし、硬過ぎると今度は逆に血流が悪くなったり骨が痛んだりしてしまいます。

体に合っていないマットレスを使うと、人は寝ている間に繰り返し寝返りを打ってしまうので、寝返りの回数が多くなるほど眠りの質も落ちるともいえます。

■眠りの質を”大きく”変えたければ、マットレスを変えてみる

睡眠の質が悪化すると、心身上の健康トラブルのリスクが高まることは、先にも触れたとおりです。長期の睡眠不足がうつ病を発症させたり、高血圧や脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症、逆流性食道炎などを悪化させたりする恐れもあります。

たかが睡眠とバカにしてはいけません。眠りの質向上のためにおすすめなのが、寝具、特にマットレスを変えること。マットレスの交換は、劇的に睡眠の質を向上させる手っ取り早い方法のひとつなのです。

■サッカー日本代表も使用する『AiR』

もちろん安い買い物ではないので、商品選びには慎重になる人も多いでしょう。その場合は、心身のケアに人一倍気を遣っている一流のスポーツ選手が、どんなマットレスを愛用しているかを参考にするのも手です。

今話題のサッカーワールドカップ日本代表選手である長友選手や遠藤選手は、西川産業株式会社の『AiR』というマットレスを使用しています。

重度の腰痛持ちだった長友選手や、30代半ばでも第一線で活躍し続ける遠藤選手に選ばれている『AiR』は、身体にかかる圧力を分散させる特殊立体構造のマットレスなので、体へのストレスが少なく、ラクに眠ることができるのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング