梅雨の朝をハッピーに!すっきりと目覚めを迎えられる7つの秘訣

WooRis / 2014年7月3日 5時45分

写真

ジメジメとうっとうしい梅雨。雨が気になって窓を閉めたまま寝ると、意外と暑くて寝苦しかったり、かといって冷房をつけると寒すぎたり。なかなか快適な睡眠をとりにくいのではないでしょうか。

そこで今回は、アメリカ女性のライフスタイルを紹介するサイト『AMERIKANKI』の記事を参考に、“すっきりとした目覚めを迎える秘訣7つ”をご紹介します。

■1:心配事は忘れて寝る

睡眠に入る前には、全ての心配事をキレイさっぱり忘れてください。すると、翌朝の目覚めがスッキリとします。どうしても心配事が原因で寝付けない場合は 、寝る前に心配事を紙に書き出してみることをお勧めします。こうすればモヤモヤしていた心配事が少しは落ち着くはずです。

■2:寝る前に自分を褒める

寝る前に一日を振り返り、自分を褒めてみましょう。いい気分で睡眠に入ると、目覚めの気分も変わってきます。あったかいお風呂に入りながらやってみるのも良いでしょう。

■3:本を読んでから寝る

スマホやTVを消して本を読みましょう。想像力をはたらかせて本の世界にひたり、楽しい気分で寝てください。翌朝も楽しい気分で起きられるはずです。

■4:睡眠はたっぷりと

一番重要なことでもありますが、毎朝気分よく目覚めたいならば、十分な睡眠時間を確保してください。

■5:眠りにつくときにはポジティブなイメージで

過去にあった明るく楽しかったことや、これから起こるであろう前向きなことをイメージしながら寝てください。目覚めも、前向きな気分になります。

■6:楽しい計画をたてながら寝る

映画を見に行く、友達と会う、など楽しみな計画を立てたり、イメージしたりしながら寝てください。楽しみで、ついつい笑顔になってしまうようなことが良いでしょう。

■7:瞑想をする

睡眠前の瞑想は、脳の働きを落ち着かせてくれるので、スムーズな入眠に効果的です。目覚めもストレスを感じることなくスッキリと迎えることができるといいます。

以上、“すっきりとした目覚めを迎える秘訣7つ”でしたが、いかがだったでしょうか? これらを参考に、ジメジメした梅雨時、そしてこれから来る暑い夏でも、質の良い睡眠をとって、スッキリとした朝を迎えましょう。

心がけ一つで変わる、といった意外と簡単なことが多いので、さっそく今日から試してみてください。

【関連記事】

※ 夜更かしグセついてない?慢性的な睡眠不足がもたらす危険な症状4つ

※ 羊を数えて夜が明けた!? 知らず知らず睡眠を妨げている悪習慣7つ

※ 劇的に目覚めがよくなる「自己覚醒」実行のステップはコレ!

※ えっこれだけ?驚くほど簡単に「朝スッキリ」目覚められる秘策

※ 女性必見!? 安眠のためにはブラを着用した方がいいと判明

【参考】

※ 8 Easy Ways to Wake Up Happy Every Day– AMERIKANKI

【画像】 

iamtheo

WooRis

トピックスRSS

ランキング