アメリカで大流行!デトックスで体をスッキリさせる「ジュース・クレンズ」とは

WooRis / 2014年6月27日 19時45分

写真

もうすぐ本格的な夏! “最後の追い込み”でダイエットやエクササイズに励む方も多くいるでしょう。でも、普段の運動不足や食べすぎで基礎代謝が落ち、体内に毒素が蓄積していると、なかなか思うようにサイズダウンできませんよね。

でも、ここで諦めちゃダメ! そんなときおススメなのが、今アメリカで流行中の“ジュース・クレンズ”。これは、決まった期間中だけ野菜や果物のジュースを食事代わりに摂り、体をデトックスするダイエット法です。

現役医師でテレビパーソナリティのDr.オズ・マーメットのウェブサイト『The Doctor Oz Show』に掲載された、ジュース・クレンズ専門家ジョー・クロス氏の「3日間集中ジュース・クレンズ方法」という記事を参考に、“ジュース・クレンズの始め方”をご紹介します。

■基本的な食事法

ジュース・クレンズは、3日間実践するだけでよいので、週末無理なくチャレンジできそうです。では、具体的にどんな食事法にすればよいのでしょうか? まずはデトックスの前提となる“基本項目”をご紹介します。

(1)朝起きたら、レモンとショウガ入りのお湯を約500ml飲む

(2)コーヒーを含むカフェイン、砂糖、赤身肉、乳製品、加工食品は一切摂らない

(3)夜寝る前に、ハーブティー(カフェイン抜き)を1杯飲む

これら3項目を3日間守ります。そして、一番大事なのが次の項目。

(4)朝~夕方の日中の一定時間に、野菜と果物をミックスしたジュースを5杯飲む

ジュースは何でもいいというわけではなく、朝にアップル&キャロットジュース、午前中にグリーンジュース、というように、必要な栄養バランスによって時間ごとに違うものを飲みます。何を飲んでいいかは、専門家にご相談くださいね。

(5)夕食には、スープやサラダなど、野菜と果物を材料とした食事を摂る

砂糖や加工物が入ったドレッシングや調味料はNG。オリーブオイルや酢で自家製のものを作りましょう。夕食に固形物を食べることでお腹を満たし、ダイエットの失敗を防ぎます。

ほかに口にしていいものとしては、ジュースの合間に水を飲むのはOKですが、炭酸飲料などはNGです。

■ジュースはジューサーがあれば自宅でも作れる

1日5杯のジュースを用意するには、ジュース・クレンズ専門家に頼んでしまうのが一番近道です。筆者の住むハワイでも、ジュース専門店で“3日間ジュース・クレンジング”を実施しており、費用は150ドル前後。自分は何もしなくていいので楽チンですが、ちょっとお財布が痛いところ……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング