うっそー!? 迷信だと思ってたら「じつは本当だった」意外な言い伝え6つ

WooRis / 2014年7月27日 17時0分

写真

「●●をすると●●になる」という、ウソかホントかわからない説を誰でも聞いたことがあるはず。そんな説を聞くと、私たちはそれが先人から伝えられた知恵であっても、「どうせ迷信でしょ!」とあまり本気に取り合いません。

しかし、そんな一見根拠のなさそうな“迷信”の中には、「実は本当だった」というものが幾つもあるそうです。ハワイのテレビ局『KITV』のウェブサイトの記事を参考に、そんな“ウソだと思っていた本当の話”をご紹介しましょう!

■1:リンゴを食べれば医者いらず!?

「リンゴは体にいい」という話はよく聞きますが、どのような根拠があるのでしょうか? 英国アルスター大学の研究によると、リンゴに含まれる“フェノール”は、結腸がんから体を守るそうです。

また、米国コーネル大学の研究によると、1日にリンゴを6個食べることで、乳がんのリスクが大幅に減るとか。6個食べるのは大変なので、ジュースにすると簡単に摂取できそうですね!

■2:熱いお風呂は不妊を招く!?

不妊の原因はいろいろ。女性だけでなく、男性に原因がある場合も多いようです。

「男性が長く熱いお風呂に入ると不妊を招く」という話は聞いたことがありませんか? なんと1時間じっくりお湯に浸かっている人よりも、シャワーで済ませる人のほうが精子数が500倍も多くなるそうです。

■3:男の子だとお産が重い!?

妊娠中、「あら、赤ちゃん男の子なの? お産が大変になるわよ~」などと言われたことがありませんか? そんなことを言われると「何の根拠があって!」と憤慨するかもしれませんが、どうやら本当らしいのです。

アイルランドで妊婦8,000人を対象とした調査によると、男児を出産する際は、出産に要する時間がより長く、妊娠・出産による合併症も、女児出産の際より多かったそうです。

■4:ガムを食べると内蔵にくっつく!?

小さい頃、ガムを噛んでいてつい飲み込んでしまったことがありませんか? そんな時、親に「ガムを飲むとお腹にくっつくよ!」と脅された、という方もいらっしゃるでしょう。

ただの脅しかと思いきや、ガムを飲むと本当に腸にくっついてしまい、腸がふさがる場合もあるそうです! とくに内蔵が小さい子どもは危ないそうなので、子どもにガムを食べさせるのはやめたほうが無難ですね。

■5:指しゃぶりで歯並びが悪くなる!?

子どもの指しゃぶり、クセになるとなかなかの困りもの。通りすがりの人に「あら、指しゃぶってると歯並びが悪くなっちゃうわよ」なんて言われて「ウキーッ!」とカッカした、なんてこともあるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング