10円玉でかゆみがひく?簡単にできる「ちょっと意外な虫さされ治療法」9個

WooRis / 2014年7月28日 19時45分

写真

レジャーなど、お出かけすることの多いシーズンになりました。海や山、海外へお出かけの方も多いことでしょう。ところで、旅の途中で虫にさされて、ヒドい目にあったことはありませんか? 

旅先で薬の用意がないと、悪化して熱を持ち、かゆみ、痛みなどに苦しむことになってしまいます。とくに小さいお子さんは、最悪の場合には発熱して、救急病院へ……ということにもなりかねません。

そこで今回は、手遅れにならないうちに出先でもすぐにできる、ちょっと意外な虫さされの治療法を、英語圏の情報サイト『Common Sense Homesteading』『Home Remedy Shop』を参考にしてお届けしますね。

■1:砂糖

「えっ? そんなものが効くの?」という材料ですが、濡れタオルに砂糖をまぶして、さされたところに10分ほど貼り付けてみてください。痛みや腫れがひくとのことです。

■2:10円玉

みなさん、お財布に10円玉が入っていますよね? これを虫にさされたところにしばらくあてていると、なんと痛みや、かゆみがひくんですって。

■3:タマネギ

タマネギも、虫さされに効果的だといいます。さされたところに、スライスしたタマネギをすりつけてみてください。痛みや腫れがすぐにひくそうです。

■4:ジャガイモ

ジャガイモも、タマネギと同様に、虫さされに効果があるといいます。生のままスライスして、患部にあててみてくださいね。

■5:ティーバッグ

紅茶でも、日本茶でもかまいません。ティーバッグを濡らしてから、患部にあててみてください。かゆみや、痛みがひきますよ。

■6:歯磨き粉

そうなんです、歯磨きのペーストが、かゆみを抑えてくれるというのです。かゆいところへ塗ってみてください。かゆみが和らぎますから。

■7:デオドラント

デオドラントにも、痛みや腫れをとる成分が含まれているので、虫にさされたところに塗ってみてくださいね。

■8:レモン

レモンのスライスも、虫さされにはよく効きます。チクリとするかもしれませんが、スライスしたレモンで、患部をおおってみてくださいね。

■9:アンモニア

蜂にさされたら、即座に“アンモニア”をぬってみてください。アンモニアには虫の毒を減少させる効果があり、痛みや腫れを防ぎます。ポイントは、必ずさされた直後に塗ることです。

手元にアンモニアがなくても、アンモニアを含むクリーナーなどでも、かなりの効果が期待できますから、もしもの時にはお試しくださいね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング